So-net無料ブログ作成
2008台湾 ブログトップ
前の15件 | -

台湾ひとり旅・まとめ [2008台湾]

初の1人旅も無事終わり、もう1ヶ月も経ってしまいました。
初日に体調崩したりといろいろあったけど、結果的にはとっても充実した旅になってほんと良かったです。

台湾は海外とは言えそれほど治安悪くないし、人も親切でとっても一人旅しやすかった。
そして1人で行動って思った以上に楽しい!
人のペースにあわせず自由に行動できるのは楽だし、ホテルの部屋も1人でゆっくり。
そして全部自分で決めて動かなくちゃ何にも進まないので、いつもよりも前向きに楽しむ気持ちになれちゃうんですよね~
それに日本語が通じるお店も多かったし、1人だと日本人旅行者からも話しかけられたりで、基本人見知りなのに意外とたくさん会話もしてて、寂しさなんて感じる暇なかったです。

ただもちろん1人の難点もあるにはあるんですけど。
一番問題なのはやっぱり食事。
台湾は1人でも入りやすいお店が多かったけど量が多くて種類が食べられないのがちょっと残念。
あと自分の写った写真が少ないとか。

それから今回は大丈夫だったけど大きなトラブルとか病気とか怪我したりしたら1人だとかなり不安かもな。
でもこれはツアーを利用するとか、事前の下調べや対策である程度は防げるんじゃないかと思う。

もちろん仲の良い友達と行く旅行もそれはそれですっごく楽しいんだけど、一人旅にはまた違った楽しさ、魅力があるなぁって思いました。
また機会があれば一人旅してみたいなぁ。

台湾ひとり旅・出発まで

台湾ひとり旅1日目(1)出発

台湾ひとり旅1日目(2)到着~ホテル

台湾ひとり旅1日目(3)中正紀念堂&沁園

台湾ひとり旅1日目(4)頭痛でダウン

台湾ひとり旅1日目(5)楽天養生会館

台湾ひとり旅2日目(1) 228和平公園

台湾ひとり旅2日目(2) 阜杭豆漿

台湾ひとり旅2日目(3) 龍山寺&台北駅

台湾ひとり旅2日目(4) 和昌茶荘

台湾ひとり旅2日目(5) 鮮芋仙

台湾ひとり旅2日目(6) BRUCE式足部健康館

台湾ひとり旅2日目(7) 淡水

台湾ひとり旅2日目(8)一番屋&春水堂

台湾ひとり旅3日目(1)省子の店

台湾ひとり旅3日目(2)誠品書店

台湾ひとり旅3日目(3)徳也茶喫

台湾ひとり旅3日目(4)有名人!?

台湾ひとり旅3日目(5)九分ツアーその1

台湾ひとり旅3日目(6)九分ツアーその2

台湾ひとり旅4日目(1)鼎泰豊

台湾ひとり旅4日目(2)AMO

台湾ひとり旅4日目(3)双福食品

台湾ひとり旅4日目(4)帰国

台湾ひとり旅・まとめ
taiwan1.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅4日目(4)帰国 [2008台湾]

お迎えの時間より30分ぐらい早めにホテルに戻り、ロビーの椅子に座って荷物の整理。
予定より早めにガイドさんが来てちょっとあわてたけど、バスに乗り込み出発。
途中、免税店で別のお客さんを拾い空港へ。

他のお客さんは別の便らしくキャセイ便の出る第1ターミナルで降りたのは私だけ。
ガイドさんがチェックインを手伝ってくれる。

チェックインはめちゃ並んでて時間がかかったけど、出国審査はスムーズにすすみ、あとは出発を待つだけ。
第1ターミナルは古いのであんまりたいしたお店がないから、少し見ただけで後はずっと椅子に座って iPodで音楽聴いて時間つぶしました。

hikoki.jpg

飛行機はほぼ予定通り出発。
帰りは通路沿いの席を指定。
行きより大きい3-4-3の配列の飛行機だったので、通路沿いで正解。
トイレもすぐ後ろだったので助かった。

機内食はチキンorポークだったので行きと同じくチキンを選択。
今回は鳥のから揚げとおにぎりセットって感じだった。
味は悪くないけどちょっと脂っこい。
デザートのケーキが意外と旨かった。

kinai.jpg

隣は日本人の50代前半ぐらいのご夫婦で、隣に座った奥さんから話しかけられたので、少しおしゃべり。
ツアーで台湾を周遊してきたそう。
観光地を次から次へって感じでちょっと大変だったとか。

後はモニターで「アグリーベティ」を見たり、そんなこんなであっという間に日本へ到着。

帰りの電車の中で機内食が胃もたれしてちょっと辛かった。
でもなんとか11時ぐらいには自宅に到着。

初めての一人旅が無事に終了しました。

台湾ひとり旅・まとめへつづく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅4日目(3)双福食品 [2008台湾]

まだ少し時間があったので、雙連駅へ移動。

ちょうど雙連朝市が開かれていたので、少し見学。
asaiti.jpg

asaiti2.jpg

それから、残金があと100元程度だったのでそれを消費するためこの近くにある「双福食品」というパン屋さんへ。
ここの三明治(サンドイッチ)が美味しいって「歩く台北」に書いてあって気になってたんです。

パンもいろんな種類があったけど、ここはやっぱりお目当ての三明治を。
三角形のと長方形のとがあったんだけど長方形のを購入(24元)。
形だけじゃなく大きさと値段も違ったんだけど、後で調べたら具も違ったみたい。
長方形のはチーズとハムでした。(三角のはタマゴらしい)
ついでにパイナップルケーキもお試しで2個購入。(1個15元)
その後コンビニでジュースを買って残り5元とほぼ使い切り、ホテルへ戻りました。

sando.jpg

三明治は空港へ向かうバスの中で昼ごはん代わりに食べてみたんだけど、これがシンプルなのに予想以上の美味しさ。
具のハムとチーズが、柔らかパンと少し甘めのマヨネーズと上手い具合にミックスされてウマイ!
ただ家帰ってから食べたパイナップルケーキは私的にイマイチだったなぁ。
1袋に2個入ってるしサイズ的にもお徳感はあるんだけど、餡に全然パイナップルの風味がしなくて、あまりオススメはしません。

台湾ひとり旅4日目(4)帰国へつづく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅4日目(2)AMO [2008台湾]

最後はお土産をゲットしに、まずはネットでチェックしていて気になっていたケーキ屋さんへ。

「AMO」というお店で、忠孝復興駅近くにある支店へ。
ケーキといっても生クリームがどっさり乗っかってるようなやつじゃなく、どれもシンプルなものばかり。

荷蘭貴族手工蛋(オランダ貴族ハンドメイドケーキ)という不思議な名前のケーキを購入。
賞味期限は1週間ほどなので、最終日に買えば日本へのお土産にもちょうど良い。

amo.jpg

家に戻ってからさっそく食べてみた。
見かけは層になっていてバームクーヘンっぽいんだけれど、食感はちょっと違う。
ぎゅっと生地が詰まってる感じで、冷蔵庫から出してすぐだと少し堅い。
「冷蔵庫から出して10分後ぐらいが食べ時」って説明に書いてあったので、そうして食べてみる。
しっとりモチモチっていうなんか今までにない食べたことない不思議な食感。
香りがよくって、とっても美味しい~♪
甘さはかなり控えめでいくらでも食べられちゃいそう。

amo1.jpg

こちらのお店、他にも日本高乳酪(日本風ハイカルシウムチーズケーキ)っていう名前のケーキとか定番のパイナップルケーキも置いてました。
チーズケーキなんかは賞味期限が短いらしいからお土産には難しいかもしれないけど、どれも美味しそうだったので食べてみたかったなぁ。

台湾ひとり旅4日目(3)双福食品へつづく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅4日目(1)鼎泰豊 [2008台湾]

とうとう最終日。
昼にはツアーのお迎えが来るので午前中のみ行動。

今回の旅でまだ一度も食べてなかった小籠包を食べにいくことに。
台湾のお店は朝食屋以外は朝遅めなんだけど、有名店の鼎泰豊本店は土日のみ朝9時からやってるのだ。

朝ごはんを軽めにとって、部屋で帰りの荷物のパッキング。
お茶とか嵩張るお土産が多く荷物はパンパン、予備に持っていった折りたたみボストンまで使うはめに。
9時過ぎにチェックアウト、荷物を預けてホテルを出ます。

1日目に行った中正記念堂の中を、ゆっくり歩いて腹ごなししながら永康街へ。
saishuu1.jpg

10時過ぎぐらいに「鼎泰豊」に到着。
この時間でもそれなりに混んではいるけど1人なら待たずに入れる。

小籠包を1籠頼もうとしたら、店員の女の子が半分でも頼めるというので、そうしてもらう。
1人で1籠はけっこうキツイし他のメニューも頼みたかったから助かった。
泡菜と酸辣湯も一緒に注文。

泡菜はキャベツの酢漬けでさっぱりパリパリしていて食がすすむー
酸辣湯は黒酸の酸っぱさと胡椒の辛味が効いたスープ。
ここのは酸味がそれほどきつくなくってまろやかで私好み。

kyabetu.jpg sanratan.jpg

そしてメインの小籠包。
一口目、やけどしそうなぐらい熱々なスープがたっぷり、皮はめちゃ薄でやっぱり旨い!!
これは冷めないうちに食べるのがコツなので一気に。
でもさすがに5つ目には冷めかけてたしお腹いっぱいでちょっと苦しかったー

shoronpo.jpg

一気に平らげ(さすがには泡菜と酸辣湯は少し残したけど)店を後に。
永康街をぶらつくにもまだ11時になってなかったので、周りの店はほとんど開いてない。
あきらめて中正記念堂に戻り、ベンチに座ってすこし休憩。

そして、最後のお土産を買いに場所を移動しました。

台湾ひとり旅4日目(2)AMOへつづく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅3日目(6)九分ツアーその2 [2008台湾]

九分茶坊を出て残り時間30分ほど。
雨も小降りになってきたし、ピークをすぎてだいぶ人もまばらになってきた。
写真撮ったりしながら散策。
提灯の明かりに照らされた夜の九分は昼間とはまた全然違った雰囲気でステキ。
傘がちょっと邪魔だったけど、雨にぬれた九分もまた情緒があってよかったです。

yakei1.jpg

yakei2.jpg

yakei3.jpg

そして少し時間が余ったので、最後に九分名物「芋圓」を食べに行くことに。
一番有名だと思われる「阿柑姨芋圓」の場所を事前にチェックしといたのでそちらへ。
豎崎路を登りきったところ(メインの通りのさらに奥)にあるから少し分かりにくい。

冷たいのと温かいのとがあるんだけど、お腹冷やしたくなかったので温かい芋圓をゲット。
店員さんが指差す店の奥の方へいくと食べるスペースがあります。
見晴らしが良い窓際はすでに満員状態だったので、少し離れた場所で座って食す。

siruko1.jpg siruko2.jpg

日本のおしるこを甘さ控えめにしてさっぱりさせた感じ。
汁の中には小豆や緑豆、そして芋圓(タロイモやサツマイモの団子)が入っています。
この芋圓がQQ(モチモチ)でとってもオイシイ!
けっこうお腹が膨れるので、この日はこれが夜ごはん替わりとなりました。

帰りはもう交通規制はかかってなかったので、JTBのバスに乗り込み台北へ。
添乗員さんが週末は混んでるから予定の8時には戻れないかもって行ってたけど、意外と空いていてほぼ予定通りにホテルに到着しました。

その後、まだ時間が早かったし、坂の上り下りで足の疲れがピークだったので、ふたたび楽天養生会館へ。
今回は20代半ばくらいの若いマッサージ師さんが担当。
日本語が少しできるこのお兄さん、日本(銀座)に半年ほど住んでたらしい。
でも日本語は台湾帰ってきてから覚えたとか。
台湾マッサージのお店で働いていたのに他のマッサージ師はみんな中国人であんまりうまくいかなかったとか、日本のお弁当は高くてお腹いっぱいにならないとか。
通じたり通じなかったりしながらの片言会話がなかなか楽しかった♪
ただ会話が盛り上がったせいでマッサージがどうだったのかイマイチ覚えてない。
でも終わったときはすっきりしてたし悪くはなかったと思うんだけどね。

台湾ひとり旅4日目(1)鼎泰豊へつづく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅3日目(5)九分ツアーその1 [2008台湾]

海外のオプショナルツアー専門サイトで予約したJTB台湾の「九ふん半日観光」の夕刻プラン。
日本語のできる添乗員さんが案内してくれ、現地で食事やお茶等はなしで、1時間半ほど自由時間がある。
お値段は1500元(5000円弱)、自由時間がけっこうあるし何より夜プランがあるってことで選びました。

台北から九分まではバスで1時間ぐらい。
この日は土曜日ってことで、道は少し混雑、そして途中で交通規制がかかっていてもう一息ってところで混載車に乗り換え。

この混載車、普通の路線バスって感じで席も少なく立ち乗り。
狭い山道をスピード出して走るので揺れまくる車内。
つり革に必死でつかまりながらも、前の席に座っていた名古屋からツアーで来たというおばちゃんとおしゃべりしてたら、あっという間に到着しました。

けれども、またそこからが大変。
最初、集合場所まで添乗員さんが案内してくれるのだけれど、みんな傘さしてるし、ものすごく混んでるし、道は細いしで、ついていくのも一苦労。
基山街は一応屋根があるんだけれど、これが凄くいい加減で、ところどころに隙間があり、傘を差したり閉じたり。
途中臭豆腐のにおいが漂ってくるのもけっこうつらかった。
混雑した基山街をなんとか抜け集合場所(坂の途中のスペース)へ。
ここで集合時間等を確認しようやく1時間半ほどの自由時間。

天気がよければゆっくり基山街を散策して土産買ったり、買い食いしようと思ってたんだけど、この雨と混雑じゃムリ。
結局、前回気に入った九分茶坊でお茶飲んでゆっくりすることに。

kyuhun10.jpg

店に入ると日本語のできる店員の女の子が案内してくれる。
中の席と外の席とどちらにするか聞かれたので景色が見えて一人でまったりできそうな外のテラス席へ。

kyuuhun11.jpg

今回は東方美人茶(一番良いのをオススメされたけど予算がなかったので一つランクの下の)とお茶請けにお店オリジナルのパイナップルケーキを注文。
たしかあわせて700元ぐらいだったかな、残った茶葉はお持ち帰りできます。

最初に店員さんがお茶の入れ方を丁寧に説明してくれる。
東方美人は温度低めのお湯で煎れるので、やかんから直接そそがず、一度湯冷まししてから煎れる。
今回考えてみると一回も東方美人を試飲してなかったので、久々の東方美人茶。
香りがとってもよくって、少し甘みがあって、まろやかでおいしい~
このお茶やっぱり好きだなぁ。
パイナップルケーキは普通よりかなり大きめで餡もたっぷりでこれまた美味。

kyuuhun13.jpg

kyuuhun14.jpg

お茶しながら、風景を眺めたり、写真撮ったり。
まったりと1時間ほど過ごして店を後にしました。

台湾ひとり旅3日目(6)九分ツアーその2へつづく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅3日目(4)有名人!? [2008台湾]

「徳也茶喫」を出るともう時間は2時すぎ。
九分ツアーの前に少し休憩したかったので、中山駅そばにあるデパート(三越)をぶらぶら物色した後、いったんホテルの部屋へ。

ツアーの待ち合わせ場所はお隣のグランドフォルモサリージェントホテルのロビー。
部屋の窓からホテルのエントランスが見えるんだけど、見てみると、なんかちょっと様子が違う。
人がやたらと集まり、警備員の数が徐々に多くなってきて、何かを待っている様子。
もしかして誰か有名人がくるのか?って思いながら、待ち合わせの10分ほど前にリージェントへ。
正面は警備が凄くて入りづらそうだったので、横のDFS側からロビーへ。
するとロビーも物凄い警備と人。
やっぱり誰か出てくるんだ~って思い、外で待ってる人たちが持ってるウチワやらで「浜崎あゆみ」だと判明。
そういえば昨日「一番屋」のおばちゃんが浜崎あゆみがコンサートで来てるって言ってたのを思い出す。

あゆが出てくるのはいいんだけど、ファンと野次馬と警備員でごった返したロビー、JTBの添乗員と会えるのかちょっと心配になってくる。
5分ほど前になってきょろきょろと周りを見てると、同じツアーだと思われる確認書をもった女の子のグループを発見。
思いきって声をかけてみるとやっぱり同じツアーでほっと一安心。
彼女たちと「凄い人だねー」みたいなことを話していたら、奥のほうからざわめきがして、あゆが出てきた!
そして私たちの前を通過。
けれど、背の高い警備員に四方八方がっしりと囲まれていてほとんど見えない。
結局、後姿の服がチラッと見えたぐらい。
写真も腕伸ばして頑張って撮ってみたけど、残念ながら警備員しか写ってなかったです。

それにしても、こんなとこで日本の有名人と遭遇するとわ~
しかもタイミング的にツアーの待ち合わせとドンピシャで、びっくりだったわ。
顔は見えなかったけど、警備員の数の凄さとかある意味、旅の思い出になりました。

その後、あゆが外に出てサインなどファンサービスをはじめたので、ロビーは人が少なくなり、無事JTB台湾の添乗員のおじさんと合流。
さっき出会った同世代の女の子4人組とバスに乗り込み出発。
別のホテルで40代ぐらいの女性2人組をのせ(一人だったので女性ばかりでちょっと安心)、九分へと向かいました。

台湾ひとり旅3日目(5)九分ツアーその1へつづく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅3日目(3)徳也茶喫 [2008台湾]

12時もすぎてそろそろお昼時。

どこへ行こうか迷ったんだけど、今回の旅の目的として茶芸館へ行くというのがあったので、「徳也茶喫」というガイドブックにもよく載ってるお店へ。
本当は「紫藤盧」というお店が雰囲気良さげで行きかたかったんだけど、最寄駅からけっこう歩かなくちゃならないし分かりにくそうな場所なのでめんどくさくなっちゃったのだ。

こちらの「徳也茶喫」は善導寺駅からすぐ。
シェラトンの裏という分かりやすい場所にあります。

tokunari.jpg

入ると女の子が席まで案内してくれ、片言の日本語でお茶か食事かを聞かれたので食事するといったらメニューを見せてくれました。

きのこと牛肉の薬膳鍋のセットと食後のお茶に凍頂烏龍茶を。

セットはボリュームたっぷり。
tokunari1.jpg

牛肉鍋と野菜の小皿2品、それにご飯、そしてお茶ゼリー。
お肉はスカスカでイマイチだったけど、スープは生姜が効いていて体に良さげでなかなか美味しい。
それから小皿も、もやしと青菜のあんかけの味付けが日本人好み。
台湾来てからあんまり野菜食べることが無かったから、余計に美味しく感じられました。
さっぱりヘルシーなお料理だったので意外とたくさん食べられちゃったなぁ。

ご飯を下げてもらったあと、かなり待たされてから、お茶が到着。
急須とお湯も持ってきてくれるので、好きなだけ入れて飲める。

tokunari2.jpg

店員さんにお菓子を勧められたので、1品だけ、芸豆卷というの注文。
外側の白いのがお餅かと思ったんだけど、食べたら違ってて、ふわっと溶けるような不思議な食感。
後で調べたらインゲンか何かの豆を生地にしてあるらしい。
最初は美味しく頂いたんだけど、徐々にお腹にずしりと来る。
かなり苦しくなりながらもなんとか完食して店を後にしました。

このお店、お料理やお茶はそれなりに美味しかったけど、ただお店の雰囲気やサービスは微妙かも。
こじゃれた喫茶店って感じではあるけど、まったり長居したいような特別な雰囲気は無い。
店員さんも、最初に対応してくれた女の子は丁寧で良かったんだけど、あとの店員さんは雑であんまり感じよくなかったなぁ。(店員さんの当たり外れがありそう)
サービス料までとられることを考えると、次は行かないかなぁって感じです。

台湾ひとり旅3日目(4)有名人!?へつづく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅3日目(2)誠品書店 [2008台湾]

「省子の店」を出たのが11時前ぐらい。
夕方から九分のツアーを入れてあるので、3時頃までお土産探したりぶらぶらすることに。

まずは台北101のある市政府駅まで。
101は台北3回目なのに1度も展望台いったことがないんで、今回こそって思ったんだけど、ちょっと曇ってきてて展望はイマイチそう。(この時間だけ曇っててその後またいいお天気に戻ったんだけど)
お値段もけっこうするし(日本円で1200円以上する!)ってことで止めちゃいました。

taipei101.jpg

遠目で101の写真を撮って、この駅近辺でのもうひとつの目的「誠品書店・信義店」へ。
台北にたくさんあるチェーン店の本屋さん。
本だけじゃなくDVDやCD、それに雑貨や洋服等も売ってて、さらにフードコートまである、本屋を中心にしたデパートといった感じ。

seihin.jpg

中はすごくキレイでお洒落な雰囲気。
かなりの本の量なんだけど、レイアウトのセンスが良くってすっきりしてる。
日本語の本もけっこうあったし、本の種類的にもかなり充実してるんじゃないかなぁ。
そしてそこらじゅうに椅子が置いてあって座り読みも可。
とっても居心地良さそうで、本好きとしてはこんな本屋が近くに欲しい~って思ってしまった。

ただ残念ながら本は言葉が分からないので眺めるだけで、私のお目当ては雑貨。
そちらもとってもお洒落で可愛いものがたくさんありました!
お値段は台湾にしては少しお高めですけどねー
ここで友達&自分土産として幾米(ジミー)のグッズをいくつか購入(下の写真はパズル)。

pazle.jpg
幾米は『ターンレフト・ターンライト』や『恋の風景』の原作者で台湾では有名な絵本作家。
ふんわりとした絵柄が可愛らしくて気に入っちゃったんです。
絵本も買いたかったけど、だいぶ手持ちの台湾元が少なくなってたので諦めました。

台湾ひとり旅3日目(3)徳也茶喫へつづく


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅3日目(1)省子の店 [2008台湾]

台湾旅行3日目。
天気予報では曇り&雨模様だったのに、朝から良いお天気。

この日は、エステの予約を朝9時から入れておきました。

予約15分ぐらい前にホテルを出て中山駅近くの「省子の店(せいこのみせ)」へ。
普通のマンションみたいな建物なので、最初気づかず通り過ぎてしまった。
ビルの中へ入ると管理人らしきおじさんがいて、何階?って日本語で聞いてくれ、エレベーターもこっちだよって教えてくれました。

お店はマンションの一室を使いエステシャンの林さんが一人でやってる完全予約制のプライベートサロン。
中はとっても綺麗で静かでリラックスできる雰囲気。

予約しておいたのはフェイシャル筋肉マッサージ80分1800元(日本円で5~6000円)のコース。

用意されてるローブに着替えて、マッサージ開始!
メイクを落としてもらい、次にウォーターピーリング(超音波の振動で毛穴の汚れを落とす)で毛穴すっきり。
そしてメインの筋肉マッサージへ。
これが普通のマッサージと違って、肌の下の筋肉をもみほぐすというもので、最初は慣れてないからほんの少し痛いんだけど、徐々にこれが気持ちよくなってくる。
しかも肌がちゃんと引き締まっていく感じが分かるんですよね~
最後は海草パックで終了。(パックやってる間に、腕や肩のマッサージもしてもらえます)

終わった時にはお肌ツルツル、やわらか~
そして小顔になった気分♪

服を着替えた後は、林さんがお茶とお菓子を用意しててるので食べながら少しおしゃべり。
林さんは日本(神奈川)にしばらく住んでたそうで、日本語もとても上手い。
そして人柄もとっても良いし、もちろんお肌もめちゃキレイですっごく好感もてました。

台湾帰ってからもかなりお肌の調子良かったし、今までで一番効果を感じられたエステかも!
次また台湾に行くことがあれば絶対予約入れます~

台湾ひとり旅3日目(2)誠品書店へつづく

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅2日目(8)一番屋&春水堂 [2008台湾]

淡水から戻りホテルの部屋で少し休憩。
けっこう疲れてたので夜市とか遠出する気はあまりせず、近くでご飯をすませることに。

ご飯の前にまずホテル近くにあるお茶屋さんによってみる。
前回もお邪魔した「一番屋」さんというお店。
今回は奥さんが対応してくれました(奥さんもめっちゃ日本語上手です)。

こちらのお店でも客は私一人、それでも次から次へと試飲させてもらう。
そしてここはお菓子も次から次にすすめてくれる(茶梅にパイナップルケーキにチョコレート…)ので、調子にのっていっぱい食べてしまう。

結局ここでは高山茶100gと東方美人茶150g、それからマンゴーチョコレートも一箱購入。
チョコレートは予想以上に大量に入っていて会社のばら撒き土産に重宝しました。
miyage.jpg

一番屋を後にし、やっとこさ夜ご飯、これまたホテル近くにある「春水堂」へ。

タピオカミルクティが有名なお洒落な雰囲気のチェーン店。
ご飯メニューも置いてあります。

午後8時頃ってことで夜の一番込んでる時間だったのか、私が入ってすぐあとにはもう満員。
その後も次々とお客さん(地元の人も日本人も)が来てました。
レジの女の子がそれを一人でさばいていて大変そうだったなぁ。

前回は定番タピオカミルクティを飲んだんだけど、今回は愛玉檸檬茶(愛玉ゼリー入りのレモンティー)と、椎茸と肉そぼろが乗った汁なし麺を注文。

混んでたせいか注文してからけっこう待った。
店員さんがある程度待たせたお客さんにサービスで小さいカップでアイスティをくばってたんだけど、これがやっぱりめちゃ甘でした。

でも注文した愛玉レモンティは酸味があってとってもさっぱり、愛玉がツルんと喉越し良くておいし~|
shunsui1.jpg

そして麺は少し小ぶりでそれほどお腹が空いてない私にはちょうど良い大きさ。
上に乗ってるちょっと甘め&濃い目の味付けのそぼろを麺にしっかりからめて食べるとウマイ!
shunsui2.jpg

それほど期待してなかったんで、予想以上に満足でした♪

ホテルに帰る前に台北之家の中にある書店を物色。
これといったものがなかったので、そのままホテルに戻りコンビニで買った台湾ビール飲んで寝ました。

台湾ひとり旅3日目(1)省子の店へ続く

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅2日目(7) 淡水 [2008台湾]

ホテルで遅めのお昼を食べ少し休憩してから淡水に向けて出発。

向かう前に前回食べて気に入った甜甜圈(ドーナツ)を買いに晴光市場へ。
ここのドーナツは外はサクサク、中はフワフワでめちゃうま!
ゲットして歩きながら食べようかとも思ったけど、これ粉砂糖がかかってるので歩きながら食べるとけっこう大変。
なので淡水についてから食べることに。

MRT民権西路駅から淡水に向けて出発。
約30分、けっこうあっという間に到着です。

駅周辺は整備されていてとてもキレイ。
tansui.jpg

すぐそばに淡水河が見えます。
tansui2.jpg

とりあえず近づいてみると風景はすっごくいい感じ!!
ただこの川、ちょっと匂って臭いです。
台湾のベネチアっていう形容されてるけど、それはなんか違うような…
(そういえば去年行った中国・蘇州は「東洋のベネチア」って言われてたなぁ)

まずは甜甜圈ってことで、川の匂いが届かないベンチに座って食す。
これは冷めてもけっこううまいな~
口の周りに粉砂糖いっぱいつけながら完食。
donatu.jpg

そして、散策開始!
4時ぐらいだったので、夕暮れまでの1時間ちょっとの間ブラブラすることに。
平日だったけれど観光客&地元民でそれなりに人も多い。(でもたぶん休日はもっと凄いのだと思う)
ただ天気は徐々に雲が出てきはじめた、それも日が沈む西の方角に。
夕日はあんまり期待できないかも。

まずは賑やかな商店街を写真を撮りながらぶらつく。
tansui3.jpg

15分ほど歩くと、めちゃでっかい馬偕さんの顔の銅像が登場。
tansui4.jpg
馬偕さんってのはジョージ・レスリー・マッカイっていう西洋人で1800年代後半頃に台湾で伝道&医療活動を行った人らしい。

近くには淡水礼拝堂なんかもあります。
tansui5.jpg

この淡水にはこういう西洋っぽい建物がけっこうあるらしく。
有名な紅毛城や「言えない秘密」に出てきた淡江中学とかにも足を伸ばしてみたかったけど、時間も体力もなかったので、あきらめて、ここらへんでUターン。

今度は川沿いの遊歩道を歩く。
tansui6.jpg

周りには食べ物屋台も出てたけど、あまり食指が動かず結局何も買わずにぶらぶら。

そうこうするうちに徐々に日も暮れ始め、暑かった昼間と違って気温も下がり過ごしやすくなってきた。
太陽は雲に隠れたり出たりしてるけど、川に光が反射してなかなか綺麗。
tansui7.jpg

そこかしこで地元の年配の方たちが集まって音楽を演奏したり唄を歌っていたりしていい雰囲気。
夕暮れ時間少し前ぐらいに駅近くまで戻り、ベンチに座ってボーっと川を眺める。
こういうのって一人旅だからこそできるって感じ。

結局、赤く染まった夕暮れは見ることができなかったけど、淡水はとっても雰囲気の良いところで気に入ってしまいました。

思う存分ボーっとし、日も暮れたのでふたたび台北市内へ。
帰りに士林夜市に寄ろうかとも思ったけど、たくさん歩いてけっこうクタクタだったのでとりあえずホテルまで戻りました。

台湾ひとり旅2日目(8)一番屋&春水堂へ続く

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅2日目(6) BRUCE式足部健康館 [2008台湾]

13時から台北ナビで予約しておいたBRUCE式足部健康館へ。
ロイヤル台北とリージェントの間の路地にある少し怪しげなビルの4Fにあります。
一瞬ここで合ってるんだろうかって思ったけど、中はとてもキレイで落ち着く雰囲気。
マッサージ店って言ってもここはマッサージ師のブルースさんが一人でやってる(いちおう一人お弟子さんがいるみたいだけど)店なので店舗っていうより、普通のマンションの一室っていう感じのところです。

一人だから入るときはちょい緊張。
でもベルを鳴らして出てきたブルースさんは写真で見る通りのやさしそうな雰囲気の方で安心。
そんで日本語ペラペラ。

私が頼んでおいたのは50分1200元(クーポン使って1100元)の「足ツボと上半身すっきりコース」。
まずは普通の椅子に座り、上半身マッサージ。
スーッとするクリームを塗りながら背中、首、肩、頭をゆっくり丁寧にマッサージ。
終わったときには肩が軽くなってすっきり。
そして足裏マッサージはフカフカのマッサージチェアで。
痛い足ツボじゃなく、かなりソフトで気持ちいい。
もう少しで寝ちゃいそうでした。

静かな空間でゆっくりとマッサージしてもらいリラックス。
お値段は台湾にしてみるとちょいお高めだけれど、それでも試す価値あり。
次の機会があれば他のコースもぜひとも試してみたいな~

そしてマッサージ後は少しおしゃべり。
この後どうしようと思ってたのでオススメの場所を聞いてみたら、天気が良いから淡水が綺麗だよって言われたので行ってみることに。

次のお客さんが来たのでお店を後にしました。。

↓ブルースさんと私
bruce.jpg

で、とりあえずホテルに戻り遅めの昼食。
先ほど買った駅弁(排骨便當)を食べる。
bento.jpg
ご飯の上に骨付き豚肉や煮タマゴ、漬物みたいなものが乗ってる。
味は少しクセのある台湾味でまぁまぁ。
煮タマゴと干し海老らしきものがおいしかったな。

台湾ひとり旅2日目(7) 淡水へ続く

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

台湾ひとり旅2日目(5) 鮮芋仙 [2008台湾]

和昌さんでお茶を沢山いただいたとは言え水分だけなので、今度はなんか甘いものが食べたくなってきた。
ガイド本を見ると近くに台湾スイーツのお店、鮮芋仙があるってことで行ってみました。(このお店はチェーン店なので中山駅近くにも見かけたし、いろんなところにあります)

和昌さんから復興南路へ出て、ひたすら北へ5~10分歩いて到着。
とってもキレイな店内。
人気店だけどまだ開店間際(11時過ぎ)なので、それほどお客さんは入ってない。

imo.jpg

最初どこで注文するのか分からずちょっと挙動不審になっちゃったけど、落ち着いて見てみると通り沿いに注文カウンターがありました。
メニューにはたしか日本語での表示もあったと思う。
ネットでチェックしてた「鮮芋仙招牌」を指差し注文。
受けてくれた店員の女の子がにこやかで感じ良かったなぁ。

お金を払うとポケベルみたいなものを渡してくれるのでそれを持って適当な席へ。
そのベルが鳴ったら注文したものを取りに行くという旅行者にも分かりやすいシステムになってます。

「鮮芋仙招牌」(50元)は仙草味のかき氷の上に仙草ゼリーと芋圓がのってるという個性的なスイーツ。
さらにそこに好みでコーヒーミルクみたいなものをかけて食べます。

imo2.jpg

仙草は薬草とか漢方になるのかな?
ちょっとクセのあるものなんだけれど、ゼリーやシャーベットになるとそんなにクセも苦味も感じず食べやすい。
そして上からかけるミルクがまたいい感じに合うんですよね~
ちょうど良い甘さ加減でとっても美味しかった!
そして芋圓ももちもちでgood!(お腹ふくれるけどね)
さっぱりツルんとしてて暑い日にぴったりのデザートでした。

他にも沢山メニューがあるみたいなので、もっといろいろ試してみたかったなぁ。

ゆっくり食べて、お店を出たのが12時すぎ。
ふたたび台北駅によって駅弁を購入。
13時からマッサージの予約を入れてあるので、急いで中山駅へ。
そしたら時間に少し余裕ができたので台北牛乳大王で前回飲んで美味しかったクランベリーヨーグルトを買い、ホテルへ戻り少し休憩。

予約の10分前になったのでマッサージ店へと向かいました。。

台湾ひとり旅2日目(6) BRUCE式足部健康館へ続く

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


前の15件 | - 2008台湾 ブログトップ