SSブログ

瀬戸芸2022秋二日目③~粟島その3 [2022瀬戸芸]

次の場所に向かう途中の畑には島の人たちによる可愛らしい手作りアート。
52895913446_e1c5969ebe.jpg
52896081524_10db18c3ee.jpg

そして向かった旧粟島中学校は「粟島芸術家村」という施設になっていて、若手アーティストと島の人たちが協力して制作したアート作品が沢山展示されています。

前回も見たこの化石と壁画の作品やっぱ凄い好き。
52895344297_f3f9f1de8e.jpg
52895344192_38dc777d55.jpg
黒板アートも印象的だった。
52895921451_6a9afa051d.jpg
この粟島の絵地図も凄い。
52896310585_d4c9a0f802.jpg
他にもいろんな作品があって見ごたえありました!
52895921366_2cd10e838e.jpg
52896083804_6d8dd05d69.jpg
ただここで思ったより長居してしまい船の時間が近づいてきて、気になってた漂流郵便局に寄る時間が無くなってしまって残念。
後から考えると次の高見島で時間持て余しちゃったので、もう1本後の船に乗れば良かったんだよな。。

高速船に乗って今回の瀬戸芸、ラストの島、高見島へと移動します。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


nice!(9)  コメント(0) 

瀬戸芸2022秋二日目②~粟島その2 [2022瀬戸芸]

粟島内でランチする場所は少なそうなので、事前にチェックしたお店へ開店時間ちょい前に到着。

「あわろは食堂」さんというオシャレな雰囲気のカフェです。
52896299490_94a4f66c12.jpg
お店の前にはワンちゃんがいた!
52896362998_6e51ac178e.jpg
オーストラリアンシェパードって犬種でダレル君って言うそう。

開店少し前だったけど既にお客さん入ってて、その後も続々とお客さんがやってきてあっという間に満席に。早めに来て良かったー
瀬戸芸期間中は特別メニューになっててランチは3種類の中から選ぶ感じ。
私は限定20食だった「鯛と海ぶどうの漬け丼」にしました~
52896361343_977c27f6e3.jpg
鯛はもちろん、沖縄から直送の海ぶどうもいっぱい入っててプチプチ食感が楽しくて美味しかった!
残念ながら窓際には座れなかったけど、店内からの景色もステキだったな。
52896297705_4b14b47ed8.jpg
ただ瀬戸芸期間中ってことで混みすぎて落ち着いて食べられなかったので、またいつかゆっくりできそうな時に来てみたい。(スイーツ系もめっちゃ美味しそうだった)

船の時間までもう少し展示を見て回ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

nice!(8)  コメント(0) 

瀬戸芸2022秋二日目①~粟島その1 [2022瀬戸芸]

瀬戸芸旅2日目は秋会期のみ会場となる西の島を2つ巡ります。

7時半にはホテルを出発するので、朝食は前日に買っておいたパンで簡単に済ませる。
少し時間があまったので電車の時間まで周辺散策。
どんより曇ってるけど、天気予報では徐々に晴れてくる予報。
52895888141_93fdfd09d2.jpg

駅前でゴールドポスト見つけた。
52895316582_476200e386_w.jpg
フェンシングの男子エペ団体で金メダルを獲得した宇山賢選手の功績をたたえもので全国第2号。
(ちなみに三つ目は私の地元彦根にあるよ)

ホテルをチェックアウトし高松駅から在来線の乗って1時間、宅間駅に到着。
ここから瀬戸芸期間中だけ出てる無料のシャトルバスに乗って須田港へ。
この日は土曜日だったのでバスは満員で乗り切れない人もいたみたい。(たぶん臨時便が出たと思う)

須田港にある切符売り場兼待合所も作品。
52896058569_f2b9a0fc11.jpg
ただ、船の時間まで間がなかったのであんまりじっくり見てる余裕はなかった。

9:10発の船に乗って約15分、最初の目的地、粟島に到着しました~
52896376213_83f3aece38.jpg
粟島に来るのは3年ぶり2回目。(前回は本島から渡った)
瀬戸芸作品はだいたい歩ける場所に点在してるので、今回も徒歩で巡ります。

まずはちょこっと遠い西浜海岸へ。
こちらの海には前回と同じく象がぷかぷかと浮かんでます。
52895321057_f2fae3363f.jpg
天気予報が当たり、ちょっとづつ青空も見えてきて良かったー

それからすぐ近くの新作2作品(あんま印象に残らなかった)を見てから港方面へと戻ります。
前回乗せてもらった電動自動車(グリーンスローモビリティ)が今回も運行されてた。
乗っていく?って声かけられてけど今回はピクミン育てのために頑張って歩いて戻ったよ。

「旧粟島小学校」のインスタレーションへ。
内容的にはほぼ前回と同じだったけど、やっぱこのノスタルジックな感じがイイ。
52896062324_a3e9f2ba89.jpg
52895893521_beb0259eb6.jpg
このピアノは弾くことも可能。
52896350268_016d866879.jpg
そして屋上からの景色がめっちゃ美しくて、しばらく眺めてた。
52895896551_63e8505ac0.jpg

続いて旧粟島幼稚園の「思考の輪郭」。
52896351688_b2793cd672.jpg
宇野駅と同じ作家さんの作品なんだね。

前回は中に入ることが出来た「粟島海洋記念館」は老朽化で立ち入り禁止になってて残念だったな。
52895328562_a80306aef6.jpg

その2に続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村


nice!(10)  コメント(0) 

映画『TAR/ター』(2022年アメリカ) [映画]

原題:Tar

『イン・ザ・ベッドルーム』や『リトル・チルドレン』のトッド・フィールドの16年ぶりの監督作。

天才的な才能を持った女性指揮者リディア・ター。
しかし過去の自身の行いによりキャリアを追い詰められていき...

ケイト・ブランシェットの演技を見るための映画。
オスカー取った『ブルー・ジャスミン』とちょい近いけど、追い詰められ狂気に走る演技は圧巻。
そしてそれだけじゃなく序盤の天才指揮者としての役作りも完璧で素晴らしかった!

ただ作品内容的にはけっこうシンドイ映画だったな。
才能も地位も名誉も何もかも手に入れ権力をふりかざしていた女性指揮者の転落がジワジワと描かれていくんだけど、ずっと不穏な空気が漂ってて見終わってちょっとぐったりしちゃったよ。
主人公に共感できるような作品ではないし、上映時間2時間半もあるしね。

そにしてもトッド・フィールドって16年も映画撮ってなかったんだ。
ラストのシニカルさとかこの監督らしさを感じたけど、作品としては『イン・ザ・ベッドルーム』の方が好きかな。

それから、ターのパートナー役がニーナ・ホスでちょっと嬉しい。
「HOMELAND」のアストリッドけっこう好きだったんだよね。
あとマーク・ストロング(髪あり)が出演時間それほど多くないけど色んな意味でインパクトあった。


イン・ザ・ベッドルーム [DVD]

イン・ザ・ベッドルーム [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2004/12/29
  • メディア: DVD



リトル・チルドレン(字幕版)

リトル・チルドレン(字幕版)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2015/12/01
  • メディア: Prime Video




にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(9)  コメント(0) 

映画『ザ・ホエール』(2022年アメリカ) [映画]

原題:The Whale

『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督作。
死期の迫った肥満症の男が娘との絆を取り戻そうとする姿を描いた人間ドラマ。
ブレンダン・フレイザーが主演を務め今年のアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。

戯曲の映画化ってことでチャーリーの部屋の中だけで展開していくけれど、心理描写が見事で見入ってしまう。
ただチャーリーに共感できるかって言うとそうでもなく、感動とまではいかなかったかな。

この作品で久しぶりにハリウッドの表舞台に復帰したブレンダン・フレイザーの演技は凄かった!
特殊メイクで272㎏の巨体になった見た目だけじゃなく、傷つき絶望し死を間近にした男チャーリーの内面を見事に演じていて素晴らしい。
そして介護士かつ友人を演じるホン・チャウのもめちゃくちゃ良かった。
エヴエヴ勢が印象強過ぎてイマイチ注目されてなかったけど、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされてたのも納得の演技でした。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村



nice!(8)  コメント(0) 

映画『AIR/エア』(2023年アメリカ) [映画]

原題:Air

この前の『別れる決心』の映写トラブルの時貰ったタダ券使って先月見てきた。

ベン・アフレックが監督、マット・デイモンが主演を務め、伝説のナイキシューズ"エア ジョーダン"が誕生するまでを描いた人間ドラマ。

ベンアフは監督としてはやっぱけっこう才能あるよねぇ。
直球のアメリカン・ドリーム映画だけど、人間ドラマをしっかり描きつつ、テンポ良くて、ちゃんとエンターテイメントで最後までめっちゃ楽しめた。
当時流行していた音楽はもちろん、80年代の空気感がしっかり再現されてるのも良かったな。

キャストもハマってて、マット・デイモン演じるソニーのキャラが魅力的だった。
マイケルの母親役がヴィオラ・デイヴィスなのも最高。
それからクリス・タッカーがいい味出してたし、マット・デイモンと電話で罵倒合戦を繰り広げるクリス・メッシーナも印象的だったな。


ナイキ(ナイキ) エア ジョーダン 12 レトロ 130690-107FA19HP

ナイキ(ナイキ) エア ジョーダン 12 レトロ 130690-107FA19HP

  • 出版社/メーカー: JORDAN
  • メディア: ウェア&シューズ



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(10)  コメント(0) 

瀬戸芸2022秋一日目⑤~男木島後編 [2022瀬戸芸]

次に向かったのは前回一番印象的だった「アキノリウム」という作品。
ずっと動画撮ってたので写真が一枚も無かった。。
古民家に並べられた木製のオブジェが音を奏でる素敵な作品で、今回もじっくり堪能。

それからこちらも以前に引き続きの展示「部屋の中の部屋」、「漆の家」を巡り、次にワン・ユテの「No.105」という作品を目指したんだけど、男木島の道めっちゃわかりづらい!ちょい迷子になってしばらく同じとこをぐるぐるしちゃったよ。
こちらはバルーンを使った作品で、写真のは小さいけど、もっと大きなバルーンもあって中に入ったりできるようになってた。
52526145100_75c6aa4de2.jpg
こういうのは誰かと来た方が楽しめるだろうな。

道に迷ったこともありそろそろ終了時間の16:30が近づいてきた。
男木島ラストは港近くの「生成するドローイング」という作品へ。
すでに16:30を少し過ぎてるぐらいだったけど、受付のオジサンに聞いてみたら快くいいよーってことで入ることができました。
ここで少しお話しした地元のおばさまもとってもいい人だったなぁ。
52525941714_062c05bc74.jpg
作品は古民家まるまる一軒使った手書きアートで見ごたえあったよ。

帰りの船の時間も迫ってきたので港に戻ります。
港では猫ちゃんがお見送りに。
52526217318_ce78e3a333.jpg
52526146135_43768fc423.jpg

船から日没が見えて感動的な美しさだった!!
52526147570_2d439cedc7.jpg

高松に到着しホテル「JRクレメントイン高松」にチェックイン。
荷物を置いてすぐに夕食食べに行きます。
歩き回るの面倒だったので、すぐ近くのマリタイムプラザ高松にある陳健一のお店に入ってみた。
担々麺に麻婆豆腐とごはんが付いたボリュームたっぷりのセットをチョイス。
52525671416_8f5aa49c28_w.jpg
けっこう辛かったし、めっちゃお腹いっぱいになったよ。

食後は瀬戸芸の公式ショップで毎回買ってる公式手ぬぐい等をお買い物。
ついでに案内所でアンケートに答えたら、ウェットティッシュいただきました。
52891479769_e3e085f964_w.jpg

ホテルに戻ったらすぐに大浴場に行き、ゆっくりお湯につかって疲れを落とす。
ほぼ貸切状態でラッキー。
そのあとは翌日に備え、早めに就寝しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

nice!(9)  コメント(0) 

大阪コミコン2023~ステージとか展示とか [イベント・音楽・本]

マッツとの撮影が終わりほっと一息ついたところで時計を見てみるとまだ10時15分。
諦めてた10時30分からのオーランド・ブルームのステージに間に合いそうだったので、急いでステージエリアに向かうことに。
後ろの方で立ち見だったけどギリ入れた。

開始時間を10分ほど過ぎたころオーリー登場!(残念ながら撮影は禁止)
遠くて表情までは見えなかったけど、動く生オーリーが見れた!!
エルフ語披露してくれたりLotR関連の話がいろいろ聞けて楽しかった。

ステージ見終わって、ちょっと早めにお昼ごはん食べに行く。
ステージエリアの隣にあるフードエリアは一人だと席の確保難しそうだったし落ち着いて食べられそうになかったから、インテックス大阪内のレストランへ。
お腹は空いてたけどあんまりガッツリって気分ではなかったのでカレーうどんをチョイス。
52875929856_6d6c8c15ee_w.jpg
まだ人もそんなに多くなくゆっくり食べられて良かったよ。

食後は展示などいろいろ見て回ります。
マーベルやDCにそれほど興味は無かったりするけど、いろんな展示があるし、コスプレした人たちが沢山いるのも非日常感あって楽しめた。

数年前に亡くなられたスタン・リー氏は永久名誉親善大使なのだね。
52875929831_d975c2f581_w.jpg

過去の東京コミコンに来たスターのサインもあった。
52875392302_e01bd20f49.jpg
この2017年はマッツも来てるし今年と少しメンバーかぶってるね。
マイケル・ルーカーさんがカタカナで"ルーカー"って書いてるのいいな。

続いて映画の小道具関連の展示。
「タイタニック」でディカプリオが着てた衣装。
52876312585_8dd8414186.jpg
ケイト・ウィンスレット(ローズ)が着てたドレスもあったよ。

ダース・ベイダーにR2-D2。
52876096154_2605ce4432_w.jpg52875352562_b9c31d1c07_w.jpg

バック・トゥ・ザ・フューチャーの衣装とデロリアン。
52876103134_8f6412b739.jpg

そんで私的に一番盛り上がったのが「バットマン」コーナー。
52876103179_46effeffb3_w.jpg
52876313705_26245bc7fc.jpg
52876103234_cee60c8d49.jpg
「バットマン」はティム・バートン、ジョエル・シュマッカー、クリストファー・ノーランそして最近のマット・リーヴスのとけっこう見てたりするのだ。

その後、歩き回って疲れたのでベンチで休憩してたら、周りでちょっとしたざわめきが。
スマホから顔をあげて見てみると、今回のゲストでスターウォーズに出てるヨーナス・スオタモとダニエル・ローガンが目の前を通って行った。
ヨーナスさん思ってた以上に背高い!ダニエルさんはずっとニコニコしてて可愛かったー

そうこうするうちにマッツのステージの時間が近づいてきたので移動。
ステージエリアの入り口にはものすごい行列。(マッツ人気恐るべし!)
入替制じゃないから待ってても入れるか分からないのでさっさと諦め、同じ建物内のフードエリアから見ることに。
これが正解でステージエリアは始まる前に入場制限かかり、その後フードエリアも制限かかったらしい。

見る場所を確保し30分後、まずモニターにマッツが出るインディ・ジョーンズ新作の予告が流れ、それからマッツ登場!
意外と見やすい位置でオーリーと同じく表情までは見えないけどちゃんとマッツって分かる距離で良かった。
新作インディ・ジョーンズの話などユーモアを交えつつ沢山話してくれてマッツお茶目で素敵だったな。

ステージが終わり、追いマッツして散財する前にそろそろ帰ります。
(ほんとはマッツのサイン当日券買いたかったんだけどね...)

新大阪駅に着いたら、めちゃくちゃお腹が空いてきた。
アルデ新大阪のレストラン街に「グリルキャピタル東洋亭」があったので入ってみることに。
京都と大阪のみに店舗展開する洋食店で、いつも行列出来てるの見て気になってたのだ。
さすがに中途半端(午後4時)な時間なのですぐに席に通してもらえたよ。
この時間でもランチやってて、さらにこの時間だとサービスで食後のドリンクも付いちゃいます。
まずはこのお店名物のトマト丸ごと使ったサラダ。トマト苦手だけどこれは食べられた!
52876419013_723bd05d44_w.jpg
メインは和風ハンバーグにした。
52876419018_ec454d5dab_w.jpg
ハンバーグはもちろん、付け合わせの1個丸ごとのベイクドポテトが甘くてめっちゃ美味しかったなぁ。
お腹も満足したので、帰りも新幹線使って家へと戻りました。

12月に東京コミコンが開催されるらしいけど、ゲスト誰が来るのかなぁ。
ゲスト次第だけど、やっぱ遠いから大阪ほど気軽には行けない。
大阪でもまた開催していほしいな。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(11)  コメント(0) 

大阪コミコン2023~マッツ・ミケルセンに会ってきた! [イベント・音楽・本]

GWも今日で終了。
ほぼ家でダラダラしてたけど、昨日はお気に入り俳優の一人であるマッツ・ミケルセンを見に大阪コミコンに行ってきた!
マッツは最近だと「ファンタビ3」とか「ドクターストレンジ」とかドラマ「ハンニバル」に出てるデンマークの俳優さん。
全作品を見てるってわけではないけど、もう10年ぐらいとけっこうファン歴は長いのだ。

コミコン3日間開催の中、マッツのステージがあるのが5月6日ってことでその日に行く事に。
そして入場チケットとは別にお金を出せばサインを貰えたり一緒に撮影出来たりもするんだけど気づいた時には既に完売。(いつから日本でこんな人気物になったんだろ?)
ちょい勇気のいるお値段だし仕方ないかって思ってたんやけど、GW合間の仕事の日めっちゃ暇やったからこそこそネット見てたらマッツチケットが追加されるとの情報が!
その時もう発売開始時間過ぎてたけどまだ残ってるっぽかったので、これを逃してはと勢いで撮影チケット買っちゃいました!!!(大阪にマッツが来て撮影できるなんて二度とないかもしれんからねー)
そもそも撮影会はおろかコミコン自体初で、若者だらけであろう場に一人でいくので不安しかなく、ネットで色々調べまくり数日間めっちゃ落ち着かなかったよ。

当日、撮影が朝一の回で在来線だと始発に乗るぐらいじゃないと厳しいので新幹線使って一気に新大阪へ行き、地下鉄乗り継いでコスモスクエア駅へ。
さらに乗り換えて中ふ頭駅まで行った方が近いけど、乗換面倒だったので歩いて10分、会場のインテックス大阪に到着しました~(風強くてこれから撮影なのに髪ボサボサになっちゃったけど)
52876200054_79e12bb405.jpg
到着したのが9:00少し前、この日は開場が1時間早まり9:00からなので既に沢山の人が並んでた。

入場チケットはぴあで買ったので持ってたけど、撮影チケットはハリコンサイトで買ったので窓口(will call)で紙チケットに引き替え、それから「マッツ・ミケルセン 撮影 10:00」と書かれたプラカード持ったスタッフのところに並び開場を待ちます。
52875347627_e047ed3892_w.jpg
9:00少し過ぎたくらい、たぶんマッツ撮影列が一番最初に会場に通され、チケットや荷物チェック等を済ませてからセレブエリアの4号館に入り開始時間まで待機。
一応10:00からってことだったけど10分前ぐらいには撮影が開始されました!
ここからはめっちゃ流れ作業、すっごい勢いで列が進み、心の準備する間もなく撮影ブースの手前に。
ちなみに持って入れるのは貴重品のみで、ポケット無い服だったから全部カバンにいれて置いてきた。
まぁスタッフも周り何人かいるし大丈夫だよね。

ブースに入っるとすぐ近くにマッツがいた!
顔小っちゃ!背高い!スタイルいい!なんて思ってるあいだに、気づけば自分の横にマッツが!!!
とりあえずマッツの体温を感じた(温かかった)のは覚えてるけど、後はほぼ頭真っ白。
最後になんとか"Thank You"とだけ言ってブースを出て、荷物と既に出来あがって置かれてる写真を持って外に出ました。
実際ここまで10秒も無かったけど、すっごい幸せな気分になれた~
しかも写真だから後から見て思い出すことも出来る。
正直値段高いなって思ってたけど、お値段以上の価値があったよ。

最後に撮ってもらった写真をお見せする。
52876353888_dc0a6e1d0e.jpg
マッツやっぱイケおじだ、カッコ良すぎる!
「アナザーラウンド」のダンスシーンとかマッツの黒コーデ好きなので今回の黒シャツ姿嬉しいよ。

そして見せられはしないけど、普段写真写り最悪な自分の顔もわりとマシだった。。
まだ疲れてない朝一だったのと、カメラを意識するヒマもなく撮られたのが良かったのかな。

続いてステージ&展示について。。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(0) 

瀬戸芸2022秋一日目④~男木島前編 [2022瀬戸芸]

ほったらかしてた昨年秋の瀬戸芸旅行記を今更だけど再開。→女木島編はこちらから

14:20発のフェリーに乗り20分で男木島に到着。
52526135490_4186c993da.jpg
とりあえず一番遠い「歩く方舟」を目指すことに。
途中にあった眞壁陸二氏の新作「漣の家」。
52525932339_ebf7b4d8a2.jpg

「歩く方舟」に到着。
52525934034_238f41d777.jpg
こちらは以前からある作品で、6年ぶりに見る。
ちょっとシュールなのに、周りの景色に溶け込んでて面白い。

その戻り道、猫ちゃんズと遭遇。
52525935234_097faf56d4.jpg
52525935329_8b9ee0bac2.jpg
このあたりの猫はめっちゃ人慣れしてて、逃げないし撫でさせてくれる。
しばらく猫と遊んでから再び作品巡り。

川島猛とドリームフレンズの「瀬戸で舞う」
52526139480_0242890141.jpg
ここの入り口付近には以前もあった巨大万華鏡が残ってたよ。(その奥にはオンバ(乳母車)も)
52526210588_bfcc0f377d.jpg

続いて高台に建てられた「男木島パビリオン」。
52525195482_43e6a2ed40.jpg
男木島の美しい景色を生かした作品で今回一番印象的だった。
ずーっと眺めていたくなる。

ここにも猫ちゃん。
52525197102_7a25da5ecd.jpg

すぐそばの豊玉姫神社の鳥居。
52526142230_d4d1b58505.jpg

男木島は高低差が激しいのでかなり疲れてきたけど、あともう少し頑張って作品を巡っていきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


nice!(9)  コメント(0)