SSブログ

「円空 ―旅して、彫って、祈って―」@あべのハルカス美術館 [イベント・音楽・本]

「モネ展」から美術館のはしご。
天王寺に移動してあべのハルカス美術館へ。
4月初めまで開催してる「円空―旅して、彫って、祈って―」を見てきました!
53604982938_2b8a08d7a7.jpg
仏像とかにはそんなに詳しくないので円空のこともあまり良く知らなかったんだけど、ピクミンブルームでこんなポスカゲットしてからちょっと気になってたのだ。↓
53605229540_ce22e15059_w.jpg
円空の生誕地が現在の羽島市で、岐阜羽島駅付近にこのモニュメントが立ってるらしい。(老朽化で去年撤去されてしまったそう)

仏像と言えば運慶の作品とか力強くて凛とした作風のものを思い浮かべるけど、円空の仏像は朴訥としてどこかユーモラスな雰囲気でまた違った魅力に溢れてた。

こちらも一部作品撮影OK。
モネ展に比べたら人少なくて回りやすかった。

素朴感たっぷりな仏像がずらっと並んでるのがなんだかカワイイ。
53605105484_6660910483.jpg

その時々によってデザインなどが微妙に違っていて面白い。
見ていて笑みがこぼれるような作品ばかりでめっちゃ楽しかったよ!
53605105464_08d953cef3.jpg
53604768841_431c113de7.jpg
どっちかっていうとモネ展がメインでこっちはついでだったのだけど、見に来て凄く良かった。

最後はグッズショップで"円空てぬぐい"を購入。
53606352297_8f7d27db51_w.jpg

大満足で美術館を出たあとは下の階の台湾カフェ「食習」で休憩。
53605107419_f63dc94e01_w.jpg
"いちご豆花"食べてから帰りました~

美術館ハシゴして、美味しいもの食べて充実した一日になりました。
この後もいろいろ気になる展覧会があるので頑張って時間作って見に行こう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「モネ 連作の情景」@大阪中之島美術館 [イベント・音楽・本]

大阪中之島美術館で開催中の「モネ 連作の情景」を先月末に見てきましたー
53562828584_3b83c4f5bb.jpg
平日に行ったのにさすがはモネ、めっちゃ人多かった!
モネの作品は直島の地中美術館とか、印象派がメインの作品展とかで見たことはあったけど、100%モネだけっていう作品展は初めて。

一部写真撮影OKでした。
53562504896_e4cea8ccca.jpg
53562829184_9741c5824b.jpg
沢山見てみてわかったのが、モネの絵ってそこまで私の好みじゃないなってこと。
色使いとかは綺麗だし光の描写とか凄いとは思うのだけどね。
でも盛りだくさんで見ごたえはあった。

美術館を出てランチは前にも行った、お隣ダイビル内にある「旧ヤム邸」でカレー。
53562829864_7ea98a77d3_w.jpg
今回は鶏キーマとグリーンカレーの2種にした。
辛いけど旨し。特にグリーンカレー好みだった。

食後は天王寺に移動。
美術館をハシゴします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

映画『哀れなるものたち』(2023年イギリス・アメリカ・アイルランド) [映画]

原題:Poor Things

『女王陛下のお気に入り』のヨルゴス・ランティモス監督作。
ヴェネチア映画祭で金獅子賞、エマ・ストーンがアカデミー賞で主演女優賞を獲得しています。

ヨルゴス・ランティモス作品を見るのは『女王陛下のお気に入り』『聖なる鹿殺し』に続き3作目なんだけど、今回も変態監督っぷりを発揮。
SF×ゴシック×ファンタジー×コメディ×フェミニズムと一言では言い合わらせない風変わりでクセの強い作風で、めちゃくちゃ面白かった!
まぁちょっと性描写が多すぎる気はしたけどね。

これまでのイメージを一新する脱ぎっぷりがびっくりだったエマ・ストーン。
それだけじゃなく子供の脳を持つ大人の女性の成長を見事に演じていて凄かった。
それからマーク・ラファロのダメ男っぷりも最高。
後半、情けなさすぎて笑えるしなんか可愛くもあった。
前々から憎めないダメ男役をやってるラファロが好きだったのでこれすっごいツボだったな。
ベラの"父"ゴッド役ウィレム・デフォーもマッドサイエンティストっぷりがハマっててすっごく良かったよ。

そして美術と衣装と音楽も見事に物語に調和してて素晴らしい。
全てにおいてファンタスティックでグロテスクで美しくて目が離せない作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画『レザボア・ドッグス』(1992年アメリカ) [映画]

原題:Reservoir Dogs

クエンティン・タランティーノの記念すべき長編監督第1作。
30年ぶりの劇場公開ってことで見に行ってきた。

久しぶりに見たけどやっぱり面白い!
冒頭のダイナーでのくだらない会話から、黒スーツを着た男たちが並んで歩くシーンの鮮烈さ。
音楽の使い方もめちゃくちゃカッコよくて一気に引き込まれる。

オレンジが撃たれて血まみれ瀕死になってるのとか、警官が耳切られるのとか最初に見た時はバイオレンスな部分が印象に残ったのだけど、今見ると意外と会話劇がメインな印象。

裏切り者は誰なのか?
回想シーンを織り交ぜた構成も見事だし、男同士の熱い絆も最高。
結末知ってるのに最後まで緊迫感あって見ごたえあったよ。

それにしても若い頃のティム・ロス(オレンジ役)めっちゃ美しいな。
ハーヴェイ・カイテルも渋くてカッコイイ。
そしてピンク役スティーブ・ブシェミのキャラも大好きだ。

久しぶりに劇場で見ることが出来て良かったよ。

↓入場特典でポストカード貰った♪
53578675235_aac2248dbf_n.jpg


レザボア・ドッグス [Blu-ray]

レザボア・ドッグス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2010/05/12
  • メディア: Blu-ray



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画『ファースト・カウ』(2020年アメリカ) [映画]

原題:First Cow

インディペンデント映画界で高く評価されるケリー・ライカートによるヒューマンドラマ。
ジョン・マガロ、オリオン・リー、トビー・ジョーンズが出演。
西部開拓時代のオレゴンでアメリカンドリームを求めて移住した料理人クッキーと中国人移民キング・ルーは意気投合しある計画を思いつく...

1月初めに見た今年の初映画。
ケリー・ライカート作品は初めて。
ゆったりとした空気感と美しいアメリカの原風景に癒される。
それでいて中盤辺りからハラハラする部分もあり面白かった。
そして意外な組み合わせの男同士の友情物語にもグッと来たなぁ。

主役のジョン・マガロ、ちょこちょこ気になる作品に出てるんだよねー
もうすぐ公開の『パストライブス』にも出てるらしいので楽しみ。
トビー・ジョーンズも印象的な良いキャラだった。
それから『キラーズ・オブ~』のリリー・グラッドストーンも出てた。
ケリー・ライカート監督の他の作品にも出てるらしいので機会があれば見てみよう。





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

海外ドラマメモ2024年冬~アメリカドラマ編 [米ドラマ&TV]

続いてアメドラ編。

「BEEF/ビーフ」
エミー賞リミテッドシーリズ部門の作品賞を受賞したダークコメディ。
ささいな駐車場でのトラブルがやがて過激な対立へと発展していく。
中国系の金持ち女(旦那は日系)と韓国系の負け犬男の対立を描いていて、しかもめっちゃヒリヒリする内容で目が離せない。
どうにもならないところまで来てようやく分かり合えるってのが切ないね。
30分×10話なのであっという間に見終わってしまったよ。
スティーヴン・ユアンとアリ・ウォンの演技も凄く良かった。

「BARRY/バリー シーズン4(ファイナル)」
最終シーズン。
S3に続きシリアス寄りではあるんだけど序盤はそこそこ笑える感じもアリ(って言ってもブラックだけど)
一気に時間が飛ぶ終盤はかなり意外な展開になってびっくり。
でもそれぞれのキャラクターに見合った結末が用意されていて納得感のあるラストだった。
ただ唯一クジノー先生だけはなんか気の毒だったよ。

「Prodigal Son/プロディガル・サン 殺人鬼の系譜 S1&2」
シリアルキラーを父に持つプロファイラー、マルコム・ブライトが父との関係に悩みながらもニューヨーク市警で難事件を解決していくクライムサスペンス。
ハンニバルとクリマイを混ぜたみたいな内容でそこそこ面白い。
主人公の演技も良かったし、マイケル・シーン演じるシリアルキラーの父親もいいキャラだった。
あとルー・ダイアモンド・フィリップスがイイ感じに年取ってイケオジになってたよ。
S2で打ち切りみたいで、ちょっと強引な終わり方だったのが残念。

「Bosch: Legacy/ボッシュ: 受け継がれるもの シーズン2」
S1ラストのマディの事件は意外と早めに解決して一安心。
ただその後は前シーズンからのロシアマフィアの事件絡みでボッシュたちが追い詰められていく展開でけっこうモヤモヤ。
ボッシュは刑事という枠を外れた分ちょっと無茶しすぎな面もあってハラハラする場面も多かった。
でもマディの成長、チャンドラーの抜け目なさにモーの有能さ、今シーズンも見どころたっぷりで面白かった。
それから昨年亡くなったランス・レディックさんが終盤に出てきて、あれがアーヴィング最後の出演シーンになるのかなぁ。悲しい。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ