SSブログ
前の10件 | -

ピクミンとお出かけ [雑記]

お盆休みも残り2日だね。。
うちの職場の盆休みは13日~16日の4日間だったけど、12日行くの面倒だったから有給使って6連休にしたよ。
特に遠出の予定はないけど、昨日はピクミンのコミュニティデイ兼お買い物で京都をぶらついてきた。

今年の初めからハマってるピクミンブルームっていう位置情報ゲーム。
52284932190_3039b9da9f.jpg
コロナで引き込もちがちになり運動不足だったのを解消するために始めたんだけど、これがけっこう効果あって動くモチベーションになってるのだ。
(去年は悲惨だったコレステロール系の値が今年は全部改善してた!)
そのゲームの中で毎月一回開催されるコミュニティデイっていう1万歩くイベントがあり、昨日がその日だったので京都で買い物ついでに1万歩歩いてきました~

で、今回はいつものイベント+公園イベントってのがあって全国27か所の公園で"特別な苗"が出るってことで、まず最初にそれに指定されてる梅小路公園へ。
京都駅から歩いて15分ぐらいの場所にあり、敷地内には京都水族館や鉄道博物館なんかもあるので家族連れが多かったもののピクミンやってるっぽい人もちらほら。
まだ10時前とは言え晴れてて暑かったけど、木陰は風も通って涼しい。
52284849390_83ab3948cc_w.jpg
公園に入るとすぐに苗が出てきたので拾って少し散策後、京都駅に戻り四条に移動。
買い物しながら苗育て&1万歩達成を目指します。

今回の特別な苗は、レアな四つ葉ピクミンがゲットできるという物。
すでに7種類中5種類持ってるので、目指すは白と岩の四つ葉ちゃん。
52283385282_9f9f0bf1f9_w.jpg
最初の苗が買い物中に育ったので引っこ抜いてみたら、残念ながら持ってる紫でした。。
52284373043_f7b1d81b93_w.jpg

それからアフタヌーンティールームでランチ。
タコとズッキーニのパスタとゼスプリコラボのティーソーダ。
52284373058_87efe2063a.jpg
そのあと涼しいデパートをはしごしてるうちに1万歩達成。
無事ひまわりバッジ貰えた!
52283385302_4efd89eed2_w.jpg
始めた1月からは皆勤賞。
52283385357_76306a3a1b_n.jpg
さらに最終的には28,000歩も歩いてた。
52284630779_8553b30ddf_n.jpg
ピクミン初めてからの最多歩数です。

そして買い物を済ませ京都駅に戻りふたたび梅小路公園へ。
公園着いてすぐに2つ目の苗を確保し、これを公園内を歩いて育てる。
午後からは天気が不安定で突然雨降ったり晴れたりでめっちゃ蒸し暑かったよ。。
そんで頑張って歩いて育てたものの、またしても持ってる黄色だった。
52284373018_2e261e6ea8_w.jpg
帰る前に3つ目の苗をゲットし、あとは帰りがてら育てたのだけど、結局これまた持ってる羽でした。
52284363166_7752712e6a_w.jpg
なかなかラス1~2って揃わないんだよねぇ。
関東方面への台風の影響で後日追加開催されるみたいなので、予定が空いてたらまた挑戦しようかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

海外ドラマ「Endeavour/刑事モース~オックスフォード事件簿~シーズン8」 [英ドラマ&TV]

ついに老モースと同じエピソード数になった若モースの新シーズン。
最近2巡目を見終わってようやく感想書いてる。

「第1話 CASE31 殺しのホイッスル」
モース役ショーン・エヴァンスが監督してるエピ(S6-2,S7-1に続き三作目)。
学寮長を狙った爆破事件にサッカー選手の殺人予告とけっこうてんこ盛り。
サッカー選手の警護に当たらされてちょっと不満そうだったけど、結局、両方の事件を解決しちゃうのがやっぱりモース。
ここ最近ゴタゴタしてたけど、モースとサーズデイ達との関係が元に戻りつつある感じなのは良かった。
ただ前シーズンの事を引きずってるっぽいモース。
傲慢さは薄れたけど、酒浸りになってるのが心配だなぁ。
あとストレンジ痩せた!

「第2話 CASE32 死を告げる時計」
タクシー運転手が銃殺される事件が起き、さらに2件の銃殺事件が起きる。
ヌーディストキャンプに、謎のダチョウ愛好家クラブ、怪しげな要素満載でなかなか面白かった。
あとモースの継母、前にモースの父が亡くなるエピの時にも出てたっけ?
今回はあの時よりもインパクト強く、性格キツすぎて、モースがどんどん追い詰められていく感じが辛かった。
一方、ジョアンをフリーメイソンのパーティに誘ったストレンジ。
不器用なモースと違って、ストレンジは紳士的で安心感あるよねー
なかなか良い雰囲気でくっつきそうな感じだなぁ。(それはそれでモースが心配だけど)

「第3話 CASE33 白銀の終着地」
過去に大量殺人が起き閉鎖されたホテル。
雪でバスが立ち往生し乗客らが避難したそのホテルで新たな殺人事件が起きる…
シーズン最終話はアガサ・クリスティのような本格ミステリー物。
こういうの大好きなので今シーズンで一番楽しめた。
ただ事件とは別にモースもサーズデイもいろいろと心配を抱える状態に。
モースは泥酔度が増しサーズデイに諭され休暇を取ることに。
さらにサーズデイも息子サムの失踪で再び家庭でゴタゴタが…
いろいろもやっとするまま次シーズンへ持ち越し。
このエピで老モースやルイスと同じ33話に到達。
これで終わるのかと心配したけど、若モースは次のS9がファイナルになるらしい。
寂しいけれど楽しみだ。

シーズン1

シーズン2

シーズン3

シーズン4

シーズン5

シーズン6

シーズン7

主任警部モース&ルイス警部





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

映画『わたしは最悪』(2021年ノルウェー=フランス=スウェーデン=デンマーク) [映画]

原題:THE WORST PERSON IN THE WORLD

デンマーク出身のヨアキム・トリアー監督による異色の恋愛ドラマ。
アカデミー賞の国際長編映画賞&脚本賞にノミネートされてて気になってたんだよね。

自分のやりたいことが見つからず人生に焦りを感じるアラサー女性をリアルに描いてあって、ユリアとは世代が違うけどけっこう刺さる部分もあり。
ふらふらと寄り道しながらも自分なりの正解を見つける。
終盤からラストへの流れがすごく良かった。

ユリア役レナーテ・レインスヴェがとても魅力的だったな。
この役でカンヌ映画祭の主演女優賞取ってるんだね。

そして舞台となってるオスロの街がとても美しくて行ってみたくなったよ。


The Worst Person In The World [Blu-ray] [2022]

The Worst Person In The World [Blu-ray] [2022]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

もしも猫展@名古屋市博物館 [本・音楽・アート]

7月末に見たい映画があったのでめちゃくちゃ久しぶりに名古屋へ。
映画だけじゃもったいないので、名古屋市博物館で「もしも猫展」っていう気になる展示をやってたので行ってきた。
名古屋市博物館は初めて来たけど、名古屋駅から地下鉄で20分弱の桜山駅で下車、そこから5分ぐらいで到着。

もしも猫が人だったら…
歌川国芳の作品をメインに猫などの動物を擬人化した江戸時代の浮世絵などが展示された展覧会。
52268708040_3548ceda24.jpg
館内はほとんどの作品写真撮影OKでした。

猫が蹴鞠してたり、
52269019185_acf49cc42e.jpg
地震の元凶の大ナマズに群がってたり。
52268535348_5ab64e3409.jpg

こちらはおもちゃ絵っていう子供向けの浮世絵で、紙相撲や着せ替え人形とかなんだけど、これも猫バージョンになってる。
52268238313_72df692143.jpg

歌舞伎役者を猫化するのも流行ったらしい。
52268530636_598f9252c9.jpg

この絵、着物の柄は蝶や鈴、右下の葉っぱは鯵の形になってたりめっちゃ芸が細かい!
52268540283_06b4946474.jpg

そして最後のグッズコーナーも充実。
52267582687_a4795d4a4a_w.jpg
結局、蹴鞠猫の手ぬぐいとナマズ柄のクリアファイルを購入しました。

どの猫もめっちゃ愛嬌合って可愛かったし、楽しかった♪
そして今のアニメや漫画のルーツ的な面もあって興味深かったよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

映画『ベイビー・ブローカー』(2022年韓国) [映画]

原題:Broker

『万引き家族』の是枝裕和監督がソン・ガンホを主演に迎え、初めて手掛けた韓国映画。
匿名で赤ちゃんを置いていく「赤ちゃんポスト」を介して出会った人々が織りなす物語。
ソン・ガンホがカンヌ映画祭で男優賞を受賞しています。

是枝監督の作品はこれまでほぼ見たこと無かったんだけど、韓国映画だし、ソン・ガンホやペ・ドゥナが出てるのが気になり見に行った。
基本ロードムービーは好きだし思ったよりもエンタメ寄りで楽しめたけど、ちょっと作り込みすぎ&詰め込みすぎな感じもしたな。
退屈はしなかったけど、それほどグッとくる部分もなく...
ガンホさんをはじめとした出演者の演技は良かった。

あとポール・トーマス・アンダーソンの「マグノリア」が引用されて、エイミー・マンの"Wise Up"がかかるとこが印象に残った。


ベイビー・ブローカー OST(韓国版)

ベイビー・ブローカー OST(韓国版)

  • アーティスト: オリジナルサウンドトラック
  • 出版社/メーカー: CJ E&M
  • 発売日: 2022/06/24
  • メディア: CD



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「創味のつゆ&聖護院かぶらのもみじおろしポン酢」貰った! [雑記]

モラタメさんから「創味のつゆ 減塩タイプ/創味 聖護院かぶらのもみじおろしぽん酢」を頂きました~

減塩なのが嬉しい"創味のつゆ"と、以前にも頂いたことがありお気に入りの"おろしぽん酢"の二つ。

さっそくおろしぽん酢を使用。
52231488810_1a75d797ee_w.jpg
鶏のから揚げにかけていただきました~
揚げ物もさっぱり食べられてウマし!

どちらもいろんなお料理に使えるのでめっちゃおススメです。



タグ:モラタメ
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画『リコリス・ピザ』(2021年アメリカ) [映画]

原題:Licorice Pizza

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督作。
1970年代のカリフォルニアを舞台に高校生と年上女性の恋模様を描いた青春ドラマ。

この監督の作品にしては珍しく爽やかでおしゃれな雰囲気。
とは言えけっこう癖は強く、寄り道しまくりのストーリー展開にちょっと置いてかれる。
70年代アメリカのカルチャーとかに興味がある人ならもっと楽しめるのかも。
ただ映像や音楽はとても良かったし、ショーン・ペンやトム・ウェイツが演じるクセの強いオッサンたちのキャラはけっこう好きだったかな。
ブラッドリー・クーパーの役もクレイジーで面白かった。
それからウォーターベッドを売ってた男がディカプリオのお父さんだと後で知りびっくりしたよ。

そして、主人公ゲイリー役のクーパー・ホフマンはフィリップ・シーモア・ホフマンの息子さんなんだよねぇ。
ちょいぽちゃりな所とかお父さんに似てるねぇ。
一方アラナ役のアラナ・ハイムは姉妹でバンドやってて、映画に出てくる姉妹もほんとの姉妹らしい。
二人とも美男美女じゃないところがリアルで良かったけど、未成年と大人の恋愛関係ってのはちょっと受け付けない感じもあったなぁ。


リコリス・ピザ

リコリス・ピザ

  • 出版社/メーカー: Republic Records
  • 発売日: 2021/11/26
  • メディア: MP3 ダウンロード



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

NTLive『リーマン・トリロジー』 [映画]

原題:THE LEHMAN TRILOGY

今年のトニー賞で演劇作品賞はじめ5部門も受賞しててめっちゃ気になってた舞台。
ナショナル・シアター・ライブで上映されてることを知り、近くで上映されないかなぁって思ってたらアップリンク京都での上映が決定したので見に行ってきた~
52247266210_dd378b5f73_w.jpg
ナショナル・シアター・ライブ自体初で、休憩入れて全部で4時間弱の長丁場に若干不安はあったけど実際見てみたらあっという間の4時間だった。

リーマン兄弟が米国に移住してからリーマン・ショックが起こるまでの3世代にわたる栄光と衰退を、たった3人の俳優が演じる異色作。

リーマン一家のアメリカン・ドリームの物語でもあり、資本主義の栄光と衰退の物語でもあり。
そのテンポの速さと情報量の多さにまずは圧倒されるんだけど、俳優の演技とサム・メンデスの演出の巧みさで一気に物語に没頭できちゃう。
舞台セットは回転する大きなガラス箱一つ。
その中で3人の俳優が衣装も変えず次々と役を替えて演じていく。
説明台詞も多く普通なら見ていて混乱しそうなものだけど、まったくそんなこと無く。
沢山置かれた書類箱を積んだり並べたりして色んなものに見立ててるのも面白かったな。
それから物語や演技に合わせて奏でられるピアノの生演奏もめっちゃ効果的だった。

それにしてもイギリスの舞台俳優の演技力凄まじいなぁ。
サイモン・ラッセル・ビールはめちゃくちゃ巧いだけじゃなく、ダンスとかめっちゃカワイかった。
アダム・ゴドリーは花嫁候補の演じ分けに赤ん坊の泣き声、果てはラジオのノイズまで芸達者すぎてびっくり。
アダム演じるボビーが死んだことに気付かずツイスト踊り続けるシーンが圧巻だったし作品全体でもかなり印象的なシーンだった。
そしてベン・マイルズは男前だし幼いハーバード演じてるとこの表情とかとっても良かったな。

今回上映されたのはアダム・ゴドリー、サイモン・ラッセル・ビール、ベン・マイルズが出演したロンドンでのオリジナル版。
ブロードウェイではベン・マイルズの代わりにエイドリアン・レスターが出演してたんだね。
そのバージョンも気になるな。
(トニー賞では3人とも主演男優賞にノミネートされサイモン・ラッセル・ビールが見事受賞)

見終わって物凄く良い作品を見たなぁって充実感を感じる作品でした。
今回、京都での上映はたった6日間で、上映権利の関係でこれが日本最終上映だったそう。
もう見れないと思うとちょっと残念だけど、でも最後の最後に近場で上映されて見る事出来たのでラッキーだったよ。

↓原作はイタリアの作品なんだね。

リーマン・トリロジー

リーマン・トリロジー

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2021/08/21
  • メディア: Kindle版



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ちょこっと祇園祭(後祭・宵山) [国内旅行]

先日、京都御池の映画館で見たい作品があり、そのついでにちょうど3年ぶりに行われた祇園祭の時期だったので山鉾巡りしてきた。
山鉾巡行の日ではなかったし後祭は屋台とかも出てないので人出控えめで回りやすかった。

近くで見る山鉾はなかなかの迫力。
52246763796_c68a8c08cd.jpg
52246780178_ec1581a68a.jpg

この"鷹山"っていう山鉾は約200年ぶりに復活したそうな。
52246765451_302d64936f.jpg

山鉾以外にも見どころいっぱいでこの登り鯉の巨大タペストリーが印象的。
52247263555_d84ddc3d10.jpg

それから「屏風祭り」ってのも行われていて、旧家や老舗が所蔵する美術品などを飾り付けた座敷が一般に公開されるという物。
52246780143_b4a653fbd6.jpg
52246780113_7cb69ec09c.jpg
どれも豪華で美しかったよ。

山鉾巡りを終え近くの映画館へ。
おしゃれスポット"新風館"の中にある。
この建物のデザインは隈研吾氏が監修したらしい。
52246768211_edbb2473e2.jpg
その地下にある映画館"アップリンク京都"も初めて来たけどなかなかオシャレな劇場だった。
52247053489_298474f002_w.jpg
見た作品の感想は後日アップする予定。
最近ミニシアターに行く事がめっきり少なくなってたけど(コロナのせいもある)、他にも面白そうな作品あったし、また色々見に行きたいな。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


タグ:京都 祇園祭
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

海外ドラマ「Succession/サクセッション シーズン3」 [米ドラマ&TV]

久しぶりに海外ドラマの感想。

今一番面白いと思うこのドラマ。
U-NEXTでは「メディア王~華麗なる一族~」ってタイトルになってるけど、イマイチ馴染めないので「サクセッション」のままで行きます。

ケンダルの逆転劇が最高だったS2のラストからの続き。
思った通りケンダルの勢いは続かず必死に虚勢を張ってる感がどんどん滲み出てくる。
シヴもなんだか空回り気味の中、意外と上手く立ち回って株を上げたローマンが調子に乗り過ぎて結局やらかしちゃうのが笑える。
ウザコンビのトムとグレッグの刑務所騒動も可笑しかったし、アレキサンダー・スカルスガルド演じる何考えてるんだかわからないIT企業のトップも興味深いキャラだった。

ストーリー的には序盤は今までの繰り返しっぽくちょい惰性感があったんだけど、中盤辺りから一気に面白くなっていく。
会場でひたすら場つなぎさせられる可哀相なフランクと、"空想上の猫"で大爆笑の株主総会エピに、ケンダルの居た堪れなさがヤバすぎる誕生パーティエピもめちゃくちゃ印象的(ラップに続き"オネスティ")
そしてラストの2つのエピ、トスカーナが舞台になってからの展開が素晴らしすぎた。
あんな風に兄妹が団結するとは。
それぞれのキャラがめっちゃいい味出してたよ。
そしてやっぱり1枚上手なローガン、続きが気になる終わり方でS4が待ち遠しいな。

役者陣の演技も相変わらず素晴らしく、ケンダル役ジェレミー・ストロングはもちろん、今シーズンはローマン役キーラン・カルキンの演技が冴え渡ってたなぁ。





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -