SSブログ
前の10件 | -

音楽ドキュメンタリー:blur/No Distance Left To Run [本・音楽・アート]

イギリスのバンドBLURが2009年夏に9年ぶりに行った全英ツアーとそこに至るまでの軌跡を描いたドキュメンタリー。
偶然アマプラで見つけて、元ブラーファンとしては気になったので見てみた。

洋楽アーティストで一番最初に好きになったのがBLURで、そこから洋楽にはまっていったのでかなり思い入れのあるバンドなんだよね。

このドキュメンタリーではメンバーの出会いだったり、人気が出てからのことだったりが語られる。
グレアムが語る中学時代のデーモンがまさにデーモンって感じだったなぁ。(人気者で目立ちたがりで自信家で)
そして2003年に一度脱退したグレアムが戻ってきた背景だったりが分かったのが特に興味深い。
メンバーで一番好きだったのがグレアムだし(私の周りのサブカル女子はみんなデーモンよりグレアムだった)、グレアムが去って私の中でブラーは終わっちゃったからね。
で、その背景がけっこう思ってたのと違ってて意外だったぁ。
グレアム、デーモンのことめっちゃ好きなんだね。
なんか感想に"ブロマンス"とか書いてる人もいて、まさにそんな雰囲気。
酔っ払ったグレアムがデーモンにチューをせがむとことかあってびっくりだよ。
それなのに、ちょっとした行き違い(思った以上にグレアムが悪かった)で仲たがいし、何年かぶりに仲直りする。
元はとっても仲が良いバンドだったから、友情が元通りになって良かったねーって感じだったな。
あとアレックス、一時期太ってたような気がするんだけど、このドキュメンタリーではすごくかっこよかったよ。
そんでグレアムの事を慕ってたってのも意外だったー(それにグレアムが気が付いてなかったってのもちょい萌えるよ)

それから、BLURといえばOASIS。
90年代のブリットポップ騒動についても語られていたのも印象的。
そしてブラーのヒット曲満載で、やっぱ名曲ぞろいだなぁって久々に聴きたくなり、私が唯一彼らのライブを見た1999年のFUJIROCKを思い出した。
一緒に行った友達とはぐれて一人で見てたんだけど、"the universal"でちょっと泣きそうになり、そのあと合流した友達とライブについて熱く語ったのをめっちゃ覚えてる。
いろいろと懐かしくて切ない気分になってしまったよ。
少しでもBLURファンだった人には見る価値あるドキュメンタリーだと思うな。



NO DISTANCE LEFT TO RUN 【期間限定生産:豪華デジパック仕様盤】 [DVD]

NO DISTANCE LEFT TO RUN 【期間限定生産:豪華デジパック仕様盤】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2010/02/17
  • メディア: DVD




The Best of Blur

The Best of Blur

  • アーティスト: Blur
  • 出版社/メーカー: Food
  • 発売日: 2012/02/20
  • メディア: CD



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

海の京都★天橋立&伊根日帰り旅その3~丹後あおまつ号 [国内旅行]

福知山駅に戻り、ここから「もうひとつの京都 周遊パス」を使ってまずは天橋立へ。

10:06発、京都丹後鉄道の観光列車"丹後あおまつ号"に乗車します!
こちらの列車は予約不要で誰でも普通料金で乗れる観光列車です。
他に予約制の"くろまつ号"や"あかまつ号"もあるそう。

出発10分ほど前にホームに行くと既に"あおまつ号"が停車してました。
50414405302_0206503667.jpg
50414411532_8f9071b112.jpg
とりあえず写真を撮りまくる。
ソファ席があったりカウンター席があったり。
50414250686_e79f2d4ca5.jpg
50414250496_f52c57343b.jpg
なんか既視感あるなぁって思ったら、九州のいろんな観光列車和歌山の貴志川線でおなじみの水戸岡鋭治氏のデザインでした。

一両編成の列車だけどカフェカウンターまであり、軽食やお土産なんかが買えるようになってる。
50414256316_ef03a2395b.jpg
「周遊パス」を見せると珈琲が一杯無料になるので、もちろんいただきます!
50413565348_9a5f5001e4_w.jpg
珈琲飲みながらのんびり列車の旅といきたかったんだけど、団体さんが一緒でいまいち落ち着かず。
マスク外してぺちゃくちゃしゃべってる人も多く、コーヒー飲んでから、後ろのソファ席に移動しました。

列車は途中、大江山口内宮駅で対向列車待ち合わせのため5分ほど停車。
50414255056_0a928d992b.jpg
周りは緑いっぱいののどかな駅。
ここから30分ほどで天橋立駅に到着しました~
50414260061_6818a89aba.jpg
さっそく観光へと出発です!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

海の京都★天橋立&伊根日帰り旅その2~福知山城 [国内旅行]

駅に着く直前、電車の中からも見えてた福知山城。
駅を出て右方向に15分ぐらい歩くと到着。

今ちょうど大河ドラマやってる明智光秀が築城したお城ってことでお隣にはミュージアムがオープンしてます。
50414400302_0ce23c0b8a.jpg
コロナ対策でチェックシートに記入しなきゃいけないみたいだったけど、私はあまり時間がなくミュージアムにも天守にも入らないのでスルーして天守へ。

ちょこっと急な坂を上らなきゃならない。
50414400237_ac5b46fd95.jpg

坂を上がるとすぐ目の前に福知山城が登場。(外観だけなら無料で見ることができる)
50414243861_43f7b02083.jpg
なんか思ってたよりこじんまりした空間に建ってたよ。

真正面から。
50414243576_d8c3ca2bef.jpg
復元天守で中は資料館になってます。
石垣は当時からのもので五輪塔など様々な石造物を「転用石」として使ってるらしい。
50443386067_84372e38ac.jpg

こちらは福知山城唯一の現存建築物、銅門番所(あかがねもんばんしょ)。
50413552368_650c5081c9.jpg
もともとの福知山城の二の丸付近にあったものを移設したものだそうです。

ぐるっとお城の周りを一周して、最後に駐車場へ渡る橋の上から福知山城を眺め(木がいっぱいであんまりちゃんと見えなかったけど)、来た道を引き返し駅へと戻りました。
50413552028_694fbf3d28.jpg

今回は残念ながら時間が無かったけど、またいつかちゃんと天守の中入って観光したいな。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

海の京都★天橋立&伊根日帰り旅その1~もうひとつの京都周遊パス [国内旅行]

コロナが流行し始めてから初めて、日帰りだけど一人旅してきました~
1か月ほど前「もうひとつの京都 周遊パス」ってのが発売されるってのを知り、前から行きたかった"海の京都"(京都の日本海側)へ行くことに。
50410085133_fe04a91308_w.jpg
このパス、コロナに影響を受けた京都府内の観光振興を目的に発売されたもので、海の京都エリアの1日券は2,200円で丹後鉄道や丹後バス等が乗り放題になるんだけど、京都⇔福知山間のJR往復乗車券&特急券を持ってるとなんと特別価格200円で購入できちゃうのだ!!
平日で翌日が休みのほうが良いので金曜日を狙ってたら9月中はお天気がいまいちで、結局10月に入ってから決行したよ。

朝7時前に自宅を出発。
最寄駅から京都へ行き、7:32発の「特急きのさき1号」に乗ってまずは福知山へと向かいます。
指定席の乗客は3分の1もいかないぐらいかなぁ。平日だからってのもあるけど少ないね。
まぁ隣の席にだれもいないのは快適だったけどね。

京都出て最初は青空だったのに園部過ぎたあたりからめっちゃ濃い霧が出てきた。
50414241136_b447c51449_w.jpg
それでも電車は遅れることなく定刻8:47に福知山駅に到着。
福知山駅は思ったよりも広くて綺麗な駅だったなぁ。
50414246126_dc619d4bb8_w.jpg

まずはこの旅で一番肝心な周遊パスを手に入れに行きます。
特別価格で購入するためにはJRの往復切符がいるので改札でチケットを返してもらい、JRと同じ構内にある京都丹後鉄道(略称「丹鉄」)の窓口へ。
50414241091_8d1c1ec529.jpg
JRのチケットを見せ、無事200円で周遊パスを手に入れることができました!
50413555428_59ef338c9d_n.jpg 50414405817_eed113c339_n.jpg
このパスのデザインがなかなか素敵。
裏面にいろいろ購入特典等書かれてるので後でいろいろ利用するよ。

それから外に出てみるとさっきまでの霧はすっかり晴れて旅行日和に。
50414246441_44ce92e925.jpg
この後乗る予定の電車の時間までまだ1時間近くあるので福知山城に行ってみることにします!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

さよなら、ガラケー [その他]

つい先日、長年愛用してきたauのガラケーを手放しました[もうやだ~(悲しい顔)]

もう5年以上使ってるけどまったく不具合もないので1年半後に3Gサービスが終わるギリギリまで使うつもりだったんだけど、2台持ちしてる格安スマホが2年を過ぎバッテリーの持ちが悪くなってきて、これを新しくするぐらいなら、ガラケー→スマホの割引キャンペーンを使って新しく買ったほうが良いなって思いガラケーとお別れすることにしました。

お疲れさまなピンクのGRATINA。
50410792456_7870b0eac5_n.jpg
ほぼ電話専用機だったし、その電話としてもたまにしか使ってなかったからまだまだ綺麗で、ちと勿体ない。

機種変更はコロナ禍だし、店でいろいろ薦められたり断ったりするのがめんどくさかったので、しっかりプラン等調べてauのオンラインショップで申し込んだよ。
来年が2年契約の解約時期で、場合によってはsimロック解除して格安に移ろうかなとも考えてるので機種代は一括でお支払い。(ガラケー→スマホのキャンペーンで20,000円ほどお値引きアリ)
月々の支払いは一番安いプランにしたけど、今までより1000円ぐらいアップしちゃいそうだな[ふらふら]

そしてオンラインで申し込んだ3日後にはおニューの「iPhone SE2」が手元に到着しました~[るんるん]
50410793501_de0ea9b519_n.jpg 50410085338_3998ffd902_n.jpg
オンラインで購入したので開通、データ移行等は自分で。
ガラケーから移すものは住所録ぐらいで、バックアップアプリを使えば簡単。
スマホはアンドロイド⇒iosになるのでLINEのトーク履歴なんかは残念ながら移せないんだけど、他はほぼ問題なく移行できたよ。
iPhoneは初だけど、昔iPod touch使ってたし、iPadも第6世代のを持ってるので使い方もそんなに問題なさそうかな。

それからこれまで使ってた格安スマホのファーウェイP20Liteは安いデータSIMに変更して壊れるまで使う予定。
この機種、コスパ最高だしサイズ・性能等がちょうどイイ塩梅で愛用してたんだよねぇ。
左が「iPhone SE2」、右が「P20lite」。
50410941382_6b08ba52e5_n.jpg
トランプが横槍入れなければ(さすがにgoogle関連使えなくなったら困る[どんっ(衝撃)])次もファーウェイが候補だったんだけどな。

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

映画『テネット』(2020年アメリカ=イギリス) [映画]

原題:TENET

MOVIXのドルビーシネマで鑑賞。
『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーラン監督によるSF映画。
主演はデンゼル・ワシントンの息子で『ブラック・クランズマン』に出てたジョン・デビッド・ワシントン。
共演にロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ケネス・ブラナー。

『インセプション』系の時間についてのSFで、今回は"時間の逆行"が主要な要素。
SFだからこのルールに乗れればOKなんだけど、このルールを理解するのがなかなか難しい。
それでも派手なアクションに迫力のあるシーンの連続で飽きずに見れたし面白かった!
ノーランはCGがあまり好きではないらしく、本物の飛行機を爆破させてるなんてすごすぎるよ~
スパイ映画っぽい雰囲気があるのもワクワクできて良かった。
これは見るなら絶対映画館で見たほうがいいよ。

それから主演のジョン・デヴィッド・ワシントンはなかなかの好演。
"逆行"の演技は大変だっただろうなぁ。
あと思いのほかロバート・パティンソンが魅力的でびっくりだったよ。
ヒロインのエリザベス・デビッキは綺麗だったけど、役柄的にはスパイ映画を意識してるからかちょい古臭い女性像だったよねぇ。そこがちょっと減点かな。

そして最後に、初ドルビーシネマの感想はとりあえず音響がすごくてめっちゃ臨場感あり。
座席がゆったりしてる上にコロナ対策で左右に人いなくて超快適だった。
あと劇場内の反射を限りなく抑えてあり普通の劇場より真っ暗な状態になるので、しっかり作品に集中できるのが良かったな。
このテネットみたいな難解かつ派手な作品を見るのにはぴったりだったよ。


メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場

メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場

  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2020/09/18
  • メディア: 単行本



TENET (Original Motion Picture Soundtrack) [Explicit]

TENET (Original Motion Picture Soundtrack) [Explicit]

  • 出版社/メーカー: Watertower Music
  • 発売日: 2020/09/03
  • メディア: MP3 ダウンロード


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

京都伊勢丹北海道展と映画館 [その他]

昨日はめっちゃ久々に京都へ行ってきたよ。
県外に出るのは7月末にあべのハルカスのムーミン展行って以来。
見たい映画があったんだけど、行こうと思ってた映画館で21日の月曜日から全座席の予約が解禁になるってのを知って、急遽日曜日に行くことにしたのだ。
ほんとは4連休は避けて来週末ぐらいに行こうと思ってたんだけどね。
連休の混雑はちょい怖くても工夫すればある程度避けられるけど、映画館で2時間以上密になるのはかなり心配ってことで映画鑑賞を快適安心に過ごせるほうを優先しました。
まだ飲食との兼ね合いで全席開放されてない劇場もあるけど、全部解除されたら映画館行きづらくなるな。

映画は昼頃からだったので、その前に伊勢丹でやってる北海道展に行ってみることに。
開店と同時に入ったのでゆっくり選べたし会計も空いてた。
"じゃがポックル"や六花亭の"めんこい大平原"など好きなお菓子ゲットできて満足。
(スナッフルズの"チーズオムレット"はここじゃなく帰りに大丸で購入)
50366256746_5aa9fce4f7_w.jpg
ただコロナ前とは違って出店数少なめだし試食とかがないのはちょい残念だけどね。

イートインもほぼ無かったんだけど、LeTAOは仕切りが設けられた半個室が用意されてたのでソフトクリームを食べる。
50366421282_3cd5d224bd_w.jpg
50366423222_1677785ffc_w.jpg
この方式、安心して食べられて良いものの混雑時はけっこう待たなきゃいけないかも。

それから地下鉄で四条河原町方面に移動。
電車関係はインバウンド客が多かったころに比べると全体的に空いてたなぁ。
でも街に出るとやっぱりけっこうな人出。(車で来てる人が多いのかな?)
コロナ前でも午前中からこんなに人が多かったことってあんまり無かったような。
某うなぎの有名店とか凄い行列出来てたし。
なんかコロナ禍なんだしもっと休みを分散させるとかできないものかねぇ。

ランチは京都BALの中にあるCafé&Meal MUJIで選べるデリセット。
50365564988_2e5f961fe2_w.jpg
こちらも開店と同時に入ったので席まだほとんど埋まってなかった。

そして映画館に移動。
今回見たのはこちら↓の映画。
50365562768_b0d3ab1a96_w.jpg
近所でもやってる作品だけど、MOVIX京都に少し前に出来たばかりのドルビーシネマで見たかったからここまで来たのだ。
50366258931_07fb52dd7f_w.jpg
新しくて綺麗だし、座席が普通より広く取られてる上に一席おきだからめちゃくちゃ快適~(使えない席はテープが貼ってある徹底ぶり)
そしてドルビーシネマ、音の迫力がすごかった!!
作品の感想はまた後日書く予定。

映画館を出た後は大丸の地下や成城石井等で買い物してから滋賀へと戻りました。
そして帰り道でも4連休の人出を実感。
途中に某有名観光施設があるんだけど、そこの渋滞に巻き込まれて20分ぐらい帰りが遅くなってしまった。
ここ最近その通りが混むことってそんなになかったから、すっかり忘れて通っちゃったんだよね。
すれ違う車の半分ぐらいが県外ナンバーだったよ。
連休明け、またコロナ患者増えてそうだなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

海外ドラマ「The Office/ジ・オフィス(UK版)」 [英ドラマ&TV]

アマプラで見つけて懐かしくなり久々に見てみた。

イギリスで2001年~2003年に放送されたコメディドラマで、日本では少し遅れて2005年にWOWOWで放送してたんだよね。
最初は独特なブラックさとシニカルさに戸惑ったけど、見ていくうちにけっこうハマってしまった。
スラウという郊外の町の製紙会社で働く人たちの密着取材って形のモキュメンタリーなコメディドラマっていうのも当時としては斬新で印象的だったんだよねぇ。

今回久々に見たけどやっぱクセが強いね。でも面白い。
特にリッキー・ジャーヴェイス演じる上司デイヴィッド・ブレントのキャラがヤバい。
ナチュラルにあらゆるものに差別的で、自意識過剰で、空気読めなくてとにかくウザくて痛い。
それなのに妙に気になる不思議。
今だったらNGなんじゃっていうギリギリ感がすごいし、それを笑いに消化してるのもスバラシイ。
リッキー・ジャーヴェイスは主役だけじゃなく脚本や監督もつとめててやっぱ凄い人だなぁ。
一番のお気に入りは研修がデヴィッドのコンサートみたくなるS1の第4話。
どんどんノリノリになってくとこや講師の人の唖然とした顔までめっちゃ笑えるよ!

それからギャレスとティムのやり取りもすっごい好き。
ティムがギャレスをからかうのがくだらなくも面白くて最高!
第1話のホッチキスのゼリー固めは15年前に見た時から忘れられないよ。

そして、ティムのドーンに対する思いがなかなか切ないんだよねぇ。
クリスマス・スペシャル、音楽の使い方も絶妙すぎてハッピーエンドってわかってるのにまた泣いちゃったよ。

それにしてもティム役のマーティン・フリーマン、めっちゃ若くてカワイイよ~
「sherlock」のワトソンとか今でも大活躍なマーティンだけど、私の中ではやっぱりティムが一番なんだよねぇ。
ギャレス役マッケンジー・クルックのちょい気持ち悪さも徐々にハマっちゃうよ。

あと、前々からスティーブ・カレル主演のアメリカリメイク版が気になってるんだけど、アマプラで配信してくれないかなぁ。





nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

海外ドラマ「Line of Duty/ライン・オブ・デューティ シーズン5」 [英ドラマ&TV]

イギリスBBC発の傑作クライムドラマ「Line of Duty Series 5」の感想。

Netflixから一時期全シーズン消えちゃって、少し前にS4までは復活したんだけどS5は消えたまま。
一応、消える前に最後まで見終わってはいたんだけど、感想書く前におさらいしたかったのになぁ。
権利を持つ会社が財政破綻したのが原因らしいんだけど、早く戻ってくれることを願うよ。
(9月になってS5復活してました~これでもう一回見られる!)

ドラッグを積んだ護送車が襲われる事件が発生し、内通者がいるのではってことでAC-12が登場。
その犯罪組織にジョン・コーベット巡査部長が潜入捜査していることが分かり…っていう展開。

相変わらず緊迫感たっぷりに進む物語。
今シーズン追い詰められるジョン・コーベットはリンジー・デントンだったりロズ・ハントリーだったりと違い、ちょっと気の毒で同情の余地のあるキャラだったから、いろいろモヤモヤしたなぁ。
スティーブン・グレアムがハマり役だっただけに途中でショッキングな殺され方しちゃったのは残念だった。

そして今シーズンはヘイスティングスが"H"ではと疑われる流れになっていく。
ヘイスティングスを追い詰めるカーマイケルがすっごい嫌な感じでねぇ。。
アンナ・マックスウェル・マーティンめっちゃ適役だったよ。
まぁ最後はアーノット&フレミングが真相を暴いてくれて良かったけど、ヘイスティングスの行動に突っ込みどころがいろいろあって完全にはすっきりしないまま。
結局"H"ってのはイニシャルじゃなく、キャディは4人いるってことだったようだしね。
そしてS1に出てきたムカつく子供、ライアンが何と警察学校に入学。
次シーズン、このモヤモヤをちゃんと回収してくれたら良いんだけどねぇ。

S6はコロナで撮影止まってるらしく、いつ見られるんだろうなぁ。

シーズン1&2

シーズン3

シーズン4





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

海外ドラマ「Endeavour/刑事モース~オックスフォード事件簿~シーズン6」 [英ドラマ&TV]

Endeavour Series 6

WOWOWで春に前半2話が放送されて、後半は秋ぐらい?って思ってたら意外と早く放送してくれて良かった。

「第1話 case24 花飾りの少女」
今シーズン、カウリー署の閉鎖によりモースは制服警官になってます。
制服は良いとして、髭を生やしたルックスは似合ってなくてビミョーだ。
カウリー署のメンバーはみんなバラバラの部署に配属され、ファンシー殺害犯の追及も進まないまま。
モースは投げやりでなんとなく暗い感じで始まるシーズン6。
サーズデイも降格され、ボックス警部が仕切る刑事部へ。
偶然モースが行方不明の少女の遺体を発見したことから捜査にかかわっていくって言うかモースだからね、ほぼ勝手に一人で捜査して犯人突き止めるって感じかな。
メインストーリーはそれなりに面白かったけど、新キャラのボックスとその部下がイライラするキャラだったなぁ。
特にサーズデイに対する態度がムカつく。
次の話からはモースも刑事部に異動するようで、いろいろ心配
あと、ブライト警視正が交通課に異動になり、ペリカンCMでみんなにバカにされてるのが辛かったよ。。

「第2話 case25 月の裏庭」
この話、モース役ショーン・エヴァンスが監督してるんだね。
モースは刑事部に配属されるも、ボックス達とは案の定上手くいかず、証拠品係として地下に追いやられちゃう。
そんな中、天文学者と同乗者の女性が亡くなる事故が起き、事件性があると見たモースとサーズデイが捜査を始めるという展開。
けっこう登場人物が多くてややこしいうえに、なんだか男女関係のドロドロした話だったなぁ。
それから「ダ・ヴィンチ」のリアリオ様(ブレイク・リットソン)がゲストだったよ!
怪しげなセラピスト役がめっちゃハマってたなぁ。
あとジョアンはちゃんとした仕事を見つけ落ち着いたけど、モースはそんなジョアンに突っかかったり、残念だけどこの二人はやっぱり上手くいかなそうだねぇ。

「第3話 case26 甘い罠」
シグトン・グリーンという小さな村が舞台。
ある事件をきっかけに、個人を中傷する匿名の手紙が村人たちに送り付けられていたことがわかり、徐々に意外な真相が浮かび上がる。
なかなか凝った展開の話で見ごたえあった。
そんでモースは捜査中に出会ったシングルマザーを口説いたりしてなんだか調子に乗ってるよ。
まぁ女運のないモースだから結局苦い結末が待ってるんだけど。
一方、警視正は奥さんに病気がみつかり、サーズデイは奥さんとの溝がますます深まった上にボックスからの怪しいお金を受け取ってしまう。。
なんだかいろいろショックな展開だったよ~

「第4話 case27 新世界の崩落」
図書館長の刺殺事件が起こりモースたちが捜査を進める中、クランマーハウスという高層マンションの倒壊事故が起きる。
無関係に見えた二つの事件が徐々につながり、さらにファンシー殺しの件にもつながっていく。
真相を突き止めようとするモースたちは圧力をかけられ脅され追い詰められていく嫌な展開。
そんな中、マックスが拉致され、モースたちは黒幕と対峙することになる。
黒幕、ボックスかと思いきや、部下のジャーゴのほうだったのね。
ファンシーを撃ったのもコイツだったなんて。。
たしかにボックスはなんか気が弱そうな感じだったからねぇ。
でも、ボックス最後にちょっとだけ頑張って、ジャーゴと相撃ちしモースたちを救う。
かなり盛りだくさんの最終話だったけど、カウリー署の面々がそろって再出発できそうでめっちゃホッとした。
あと一時心配だったサーズデイがぎりぎり踏みとどまってくれたのが良かったな。
それから警視正、奥さんが亡くなったのは残念だったけど、事故対応にあたる警視正はめっちゃ頼もしくてカッコよかった!そんでペリカンCMがあんな風に警視正を救うことになるとは思わなかったよ。
そしてモースはちょっとづつ性格が老モースに近づいて行ってる感じ。(服装も老モースっぽくなってきた)
最後にはモースの家が出てきたし、この先もいろいろ楽しみだな。

シーズン1

シーズン2

シーズン3

シーズン4

シーズン5

主任警部モース&ルイス警部


Endeavour: The Complete Sixth Season (Masterpiece) [Blu-ray]

Endeavour: The Complete Sixth Season (Masterpiece) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: PBS (Direct)
  • 発売日: 2019/07/09
  • メディア: Blu-ray



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -