SSブログ

映画『落下の解剖学』(2023年フランス) [映画]

原題:Anatomie d'une chute/Anatomy of a Fall

カンヌ映画祭のパルムドール、アカデミー賞脚本賞などを受賞しているフランス映画。
人里離れた山荘で起きた転落死を巡り繰り広げられる人間ドラマ。
監督はジュスティーヌ・トリエ、主演「さようなら、トニー・エルドマン」のザンドラ・ヒュラー。

サスペンスを期待すると肩透かしかもしれないけど、めちゃくちゃ濃厚な法廷劇で見ごたえあり。
裁判を通して夫婦感の亀裂がエグイ感じに暴かれていく展開にヒリヒリ。
そして巻き込まれる息子ダニエルが苦しみながらも事件に向き合い証言するシーンが印象的だった。

ザンドラ・ヒュラーの演技はもちろん凄いんだけど、ダニエル役ミロ・マシャド・グラネール君、そして犬のスヌープ(本名はメッシ)の演技がめちゃ素晴らしかったな。
あと弁護士役のスワン・アルローがなかなかイケてて出てくるたび目が離せなかったわ。






にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。