SSブログ

映画『ダークナイト ライジング』(2012年アメリカ) [映画]

原題:The Dark Knight Rises

『バットマン ビギンズ』から始まった新生バットマンシリーズ三部作完結編。
監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベール。

前作はヒース・レジャー演じる「ジョーカー」の印象が強かったけど、今作はしっかり「バットマン」の映画になってる。
ゴッサムシティを救うため自ら「悪」の象徴となり姿を消したバットマン。
すべてを失いどん底まで落ち希望まで失いかけたバットマン=ブルース・ウェインが這い上がっていく姿に感動。
『ダークナイト』とは違ってヒーロー物の王道っ感じだけど、ラストまで見ごたえありました。
ただ完結編ということでこれまでの伏線回収的な面もあるので、前2作を見てからじゃないと楽しめないかも。

バットマン役クリスチャン・ベールの熱演も見ごたえあったし、続投組のマイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンらのベテラン俳優達も素晴らしかった。

そして今回悪役として初登場したベイン。
ついついジョーカーと比べちゃうと物足りないけど、でもあのマスク姿と強靭な肉体は印象的。
トム・ハーディの顔がほとんど見られないのは残念だけどね。
初登場組としてはキャットスーツがめっちゃ似合ってたアン・ハサウェイも印象的だったな。
それからジョセフ ・ゴードン=レヴィットはまっすぐな若者って役が似合ってた。
で、ラストで噂どおりあの役だったって分かるんだよね~続編作るのかしら?
他にもマリオン・コティヤールや、何気に3部作とも出てるキリアン・マーフィ(スケアクロウけっこう好きなのだ)とかも良かったです。

あと海外ドラマ好きとしては、超脇役だけど、「トーチウッド」のオーエン(バーン・ゴーマン)と「クリマイ」のJJの旦那役の人(ジョシュ・スチュワート)が出ててちょっと嬉しかったり。
2人ともタイプは違えど小悪党っていう役柄がぴったりだったなぁ。


ダークナイト ライジング [Blu-ray]

ダークナイト ライジング [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0