So-net無料ブログ作成

映画『ゲティ家の身代金』(2017年アメリカ=イギリス) [映画]

原題:All the Money in the World

1973年に実際にローマで起きたゲティ3世誘拐事件を描いたスリラー映画。
監督はリドリー・スコット、出演はミシェル・ウィリアムス、マーク・ウォールバーグ、クリストファー・プラマー他。

世界一の大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐され1700万ドルの身代金を要求されるが、ゲティは支払いを断固拒否する。

これ元々ゲティ役をケヴィン・スペイシーが演じて既に完成されていたんだけど、例のセクハラ問題でスペイシーの演技はお蔵入りとなり、新たにプラマーが演じて取り直したっていう異例の作品。
主人公ではないにしろ、この作品の最重要キャラクターを短期間で演じきったプラマーの演技が凄いです。(スペイシー版も見てみたかったけどねぇ)
そして、ここまでゲスな大金持ちが実在したってのもびっくりだわ。
誘拐事件の顛末については実話ってこともありまずまずだったけど、このゲティのキャラがストーリーをめちゃ面白くしてました。

あと息子を誘拐された母親役ミシェル・ウィリアムズの演技もとても良かったなぁ。
それから、ロマン・デュリスが誘拐犯の一人でちょっとイイヤツだったチンクアンタ役を演じててびっくり。
フランスやヨーロッパの映画以外でデュリスを見るのは初めてかも。
なかなか印象的だったよ。


ゲティ家の身代金 [Blu-ray]

ゲティ家の身代金 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。