SSブログ

映画『異人たち』(2023年イギリス) [映画]

原題:All of Us Strangers

大林亘彦監督によって映画化もされた山田太一の長編小説を『さざなみ』のアンドリュー・ヘイ監督がイギリスを舞台にして再映画化。
12歳の時に両親を交通事故で亡くし孤独な人生を歩んできた脚本家が幼少期に両親と共に過ごしたかつての自宅を訪ねると...

原作も読んでないし大林監督版も見てないんだけど、なんだか幻想的で不思議な世界感の作品だった。
昔の両親との邂逅とかめっちゃ非現実的なのに、彼らの会話はとてもリアルでなんか切なかったなー
そしてオチはけっこうホラー展開でびっくりした。
オリジナル方は主人公がゲイ設定ではないらしいけど、ストーリーは同じなのかな?

主人公を演じてるのがアンドリュー・スコットでその恋人役がポール・メスカルっていう配役は最高。
特にアンスコさんの熱演素晴らしかった。
あと、クラブのシーンでblurの"Death Of A Party"が印象的に使われてて、同じくblurの曲が使われてたメスカル主演の『アフターサン』を思い出す。(作風もちょい似てる気がするな)


異人たちとの夏(新潮文庫)

異人たちとの夏(新潮文庫)

  • 作者: 山田太一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2024/04/12
  • メディア: Kindle版



異人たちとの夏

異人たちとの夏

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2015/12/01
  • メディア: Prime Video



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画