SSブログ

海外ドラマ「Endeavour/刑事モース~オックスフォード事件簿~シーズン8」 [英ドラマ&TV]

ついに老モースと同じエピソード数になった若モースの新シーズン。
最近2巡目を見終わってようやく感想書いてる。

「第1話 CASE31 殺しのホイッスル」
モース役ショーン・エヴァンスが監督してるエピ(S6-2,S7-1に続き三作目)。
学寮長を狙った爆破事件にサッカー選手の殺人予告とけっこうてんこ盛り。
サッカー選手の警護に当たらされてちょっと不満そうだったけど、結局、両方の事件を解決しちゃうのがやっぱりモース。
ここ最近ゴタゴタしてたけど、モースとサーズデイ達との関係が元に戻りつつある感じなのは良かった。
ただ前シーズンの事を引きずってるっぽいモース。
傲慢さは薄れたけど、酒浸りになってるのが心配だなぁ。
あとストレンジ痩せた!

「第2話 CASE32 死を告げる時計」
タクシー運転手が銃殺される事件が起き、さらに2件の銃殺事件が起きる。
ヌーディストキャンプに、謎のダチョウ愛好家クラブ、怪しげな要素満載でなかなか面白かった。
あとモースの継母、前にモースの父が亡くなるエピの時にも出てたっけ?
今回はあの時よりもインパクト強く、性格キツすぎて、モースがどんどん追い詰められていく感じが辛かった。
一方、ジョアンをフリーメイソンのパーティに誘ったストレンジ。
不器用なモースと違って、ストレンジは紳士的で安心感あるよねー
なかなか良い雰囲気でくっつきそうな感じだなぁ。(それはそれでモースが心配だけど)

「第3話 CASE33 白銀の終着地」
過去に大量殺人が起き閉鎖されたホテル。
雪でバスが立ち往生し乗客らが避難したそのホテルで新たな殺人事件が起きる…
シーズン最終話はアガサ・クリスティのような本格ミステリー物。
こういうの大好きなので今シーズンで一番楽しめた。
ただ事件とは別にモースもサーズデイもいろいろと心配を抱える状態に。
モースは泥酔度が増しサーズデイに諭され休暇を取ることに。
さらにサーズデイも息子サムの失踪で再び家庭でゴタゴタが…
いろいろもやっとするまま次シーズンへ持ち越し。
このエピで老モースやルイスと同じ33話に到達。
これで終わるのかと心配したけど、若モースは次のS9がファイナルになるらしい。
寂しいけれど楽しみだ。

シーズン1

シーズン2

シーズン3

シーズン4

シーズン5

シーズン6

シーズン7

主任警部モース&ルイス警部





にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

nice!(8)  コメント(0)