SSブログ

海外ドラマ「House M.D./Dr.HOUSE(ドクター・ハウス)シーズン8(ファイナルシーズン)」 [米ドラマ&TV]

ついにハウスも終わってしまったよー
「24」と、この「HOUSE」が海外ドラマにどっぷりハマるきっかけになった作品なので、終わってしまったのはやっぱり寂しい。
ドラマだけじゃなく、ハウスを演じるヒュー・ローリーにもめちゃくちゃハマって、いろんなイギリス作品(ブラックアダーとかジーヴスとか…)を知るきっかけにもなったしね。

ただ、シーズン7は今までで最低の出来だったし、潮時ではあったよね。
このファイナルは持ち直して、ハウスらしいシーズンになってたので、変に長引かせてグダグダになるよりは良かったんだろうな。

シーズン8はハウスとウィルソンの関係が軸。
私を含めハウスファンの多くはカディとのラブラブより、ウィルソンとのイチャイチャが見たかったはずなので、この展開は正解。
もちろんハウスの診断もこのドラマでは重要だけど、さすがにここまで来るとかなりネタ切れ感があるから、そこが薄くなるのはやや仕方がないよね。

前半はそれでも新キャラ投入したりで診断やチームの話もメインに置いてた感じ。
新キャラは美人女医アダムスとアジア系女医パクの2人。
さすがにファイナルでの登場なのもあり、いまいち影が薄いまま終わっちゃったかなぁ。
でもパクとチェイスの関係はちょっと面白かったかも。

後半はハウスの唯一の親友であるウィルソンに悲劇が。
癌が見つかり、治療もやむなく余命半年が告げられる。
ウィルソンの過激な治療にハウスが付き合うエピソードが一番印象的だったな。
ハウスのウィルソンに対する態度がとにかくグッとくる。
ちゃんと笑えるオチが付いてくるところも最高だった。

そしていろいろあってのファイナルエピは、もっとボロボロ泣ける話になるのかと思ったら、爽やかハッピーエンドにも見えるラストだったのは意外。
でも、死んだふりして余命わずかなウィルソンと旅立つなんて、良く考えるとかなり破滅的だよね。
すごくハウスらしい終わり方で良かったと思う。
あと、幻覚でだけど過去のメンバー(カディ以外)が沢山出てきたのも嬉しかったな。

最後に、超複雑なキャラクターのハウスを超魅力的に演じきったヒュー・ローリーに拍手を送りたい。
作家やミュージシャンとしても活躍してる、めっちゃ多彩なヒュー様の今後も気になります。


Dr.HOUSE/ドクター・ハウス ファイナル・シーズン ブルーレイ バリューパック [Blu-ray]

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス ファイナル・シーズン ブルーレイ バリューパック [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0